top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ふたりにしか出せない世界観が出せるんじゃないかって」。四大陸選手権に出場へ、村元哉中&髙橋大輔の物語は続く

web Sportiva


昨年12月の全日本選手権フリーダンスの村元哉中・髙橋大輔組

 昨年12月25日、さいたま。全日本フィギュアスケート選手権のアイスダンスは全日程を終了し、リンク内に表彰台が設置されていた。場内のアナウンスを受け、優勝した小松原美里・尊組が一番高い台に立った。

<おめでとう!>

 次にコールされた村元哉中・髙橋大輔組は心の底から祝福する様子で、小松原組に抱きつかんばかりの”エアハグ”をした。コロナ禍でなかったら、死力を尽くして戦った者同士の抱擁を交わしていただろう。

 人生をかけ、勝負をした直後、勝者を純粋に祝うのは簡単ではない。たとえば、サッカーの表彰式では、準優勝に終わった選手が首にかけられたメダルをその場ではぎとるという光景も珍しくない。口惜しさや後悔や不甲斐なさなどさまざまな感情に飲み込まれる。自制心がきかず、怒りに似た憮然(ぶぜん)とした態度をとってしまうのだ。

「かなだい」と呼ばれ親しまれるふたりは、最後まで愛嬌よく笑顔で記念撮影に収まっていた。その明るさが、かなだいが行く道を照らすのだろう。

【ひとつのミスに泣く】

「悔しいです」

 全日本選手権後の会見、ふたりは何度も正直な心境を吐露していた。迫りくる後悔を、笑顔で振りきるようだった。

 前々日に行なわれたリズムダンス、パターンダンス・ステップシークエンスでふたりは交差し、転倒した。「練習ではすることがない」というミスが響いて、得点は伸びなかった。フリーダンスでは巻き返して1位になったものの、合計スコアは1.86点という僅差で敗れた。結果的に、たったひとつのミスが五輪への道を閉ざしたとも言える。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル