top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミランの左サイドコンビが躍動中。イブラヒモビッチのゴールシーンを演出した鮮やかな崩し方とは?

web Sportiva

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
テオ・エルナンデスにパスが渡る時、ラファエル・レオンはどんな動きをしたか

 セリエA第21節、ミランがアウェーでのヴェネツィア戦に3-0で勝利し、リーグ
3連勝となった。

 消化が1試合多い状況だが、首位インテルに勝ち点差1まで迫り、昨季王者である宿敵と激しいスクデッド争いを演じている。

 開始2分と早々に先制点を挙げたズラタン・イブラヒモビッチは、ここまで13試合出場で8得点目をマーク。昨年10月に40歳を迎えたエースは今季も衰えぬ得点力を見せ、この試合でドッピエッタ(2得点)を達成したテオ・エルナンデスとともにチームを牽引している。

広告の後にも続きます

 今回は、そのイブラヒモビッチの先制点のシーンをピックアップする。


ガッビアからテオ・エルナンデスにつなぐ時、前のレオンはどう動いただろうか

 前半2分、右サイドのアレッサンドロ・フロレンツィからピエール・カルル、マッテオ・ガッビアとつなぎ、サイドチェンジでボールを左サイドに動かした。その間、左サイドハーフのラファエル・レオンがボールを受けに下りてきている。

 さらに、ガッビアが左のエルナンデスにつなぐ時、前のレオンはなにを狙っただろうか、というのがQuestionだ。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル