top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【離乳食後期の1週間献立】自家製冷凍や常備食材の活用で手作りが簡単に!

たべぷろ

離乳食も後期になると、食べられるものが増えてきます。なるべくたくさんの種類の食べ物を食べさせてあげたいけど、1日3回の食事を毎回手作りで…というのは難しいですよね。今回は冷凍ストックや買い置き食材を活用して簡単に作れる1週間分の離乳食後期の献立を紹介します。組み合わせを変えたり、お子さんの好きなものを追加したりすればレパートリーは無限大!
料理が不慣れなパパでも簡単に準備できるので、ママがゆっくりする時間も増えるはず。家族みんなが笑顔になれる工夫をお伝えします。

離乳食後期の献立に使えるお役立ち食材は

離乳食後期の献立作りで「あともう1品!」のときにも便利な、お役立ちストック食材をご紹介します。

ストックしておけば安心な自家製冷凍食品

いつも冷凍庫においておけば、忙しい時でも安心の冷凍ストックを紹介します。電子レンジでチンしてそのまま食卓に出しても、鰹節や出汁などで風味づけしてもOK。

かぼちゃはニンジンなどの根菜は、電子レンジや圧力鍋で蒸すと簡単に柔らかくなります。時間があるときに多めに調理して、一口大に切って冷凍しておけば、電子レンジで解凍するだけで食べられます。

解凍後は鰹節やゴマをまぶして小鉢にしたり、味噌汁の具にしたり。かぼちゃやニンジンを潰して、少量の牛乳でのばしたマヨネーズであえればサラダにも。

広告の後にも続きます

また、青菜は生のまま冷凍しておけば、解凍後は茹でたようにしんなりします。大人用にはだし醤油や豆腐であえて、お浸しや白和えに。えぐみや灰汁が気になるときは、赤ちゃん用に電子レンジで加熱してから冷凍したものを用意しましょう。

大人の食事にもつかえる常備食材

ヨーグルト、バナナなどのデザートも、赤ちゃんにとっては立派な食事の一部です。ヨーグルトは無糖のものにきなこや果物をのせてあげても。鰹節やシラス、豆腐、納豆なども栄養満点なうえに簡単に用意できるので、常備しておくと便利です。

ツナの水煮缶詰やコーン缶も、玉子焼きやサラダに混ぜたり、おやきの具にしたりと活躍します。また、余れば大人の食事にも使えるのがうれしいですよね。多めに常備しておいて、使いまわしましょう。

栄養が気になる場合はこちらも
離乳食後期は「鉄分」の不足に気をつけよう【ママ栄養士の離乳食奮闘記】

お役立ち食材で簡単!離乳食後期の献立

お役立ち食材があれば、離乳食もあっという間!空いた時間で大人の食事の支度もできます。

まだ普通のご飯が食べられない赤ちゃんの主食は、柔らかく炊いたご飯や茹でたうどんを冷凍しておきましょう。なにも用意がない!というときは食パンでも大丈夫。お役立ち食材を活用して簡単に用意できる、1週間分の献立を紹介します。

【月曜】五目軟飯+豆腐の味噌汁

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル