top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カロリー制限をしても「実はあんまり痩せられない」?「栄養学の常識」が変わりつつある【医師が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

1950年代からの分子生物学の発展に伴って、これまでの医学の常識が大きく変化しました。それに伴って従来の栄養学にも、修正しないといけないことが出てきています。まずは従来の栄養学の考え方について見ていきましょう。※本連載は、小西統合医療内科院長・小西康弘医師による書下ろしです。

【関連記事】がん、心筋梗塞、脳血管疾患…三大疾病の裏にある「知られざる元凶」【医師が解説】

医学の発展に伴い、「栄養学の考え方」も激変

従来の栄養学は、「カロリー中心の栄養学」「栄養バランス中心主義」だったといえます。3大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪)が主役で、カロリー計算を中心とする「やせるためにはカロリー制限をしましょう。栄養はバランスよく摂りましょう」という考え方でした。しかし、医学の発展に伴い、これらの常識も変わってきています。

そして、この古い考え方に基づいた栄養指導が、残念ながら今でも広く医療の現場で行われています。では、その考え方のどこがどう間違っているのかについて見ていきたいと思います。

従来の栄養学における常識①カロリーと体重の相関性

■「食べなかった分、痩せる!」とはならない

従来の栄養学の考え方では、肥満や糖尿病の人などに対しては、運動や食事でのカロリー制限をするように指導されてきました。しかし、少々運動した程度や、食事で取るカロリーを減らしても体重は減らないということ分かってきたのです。

広告の後にも続きます

私たちが消費するカロリーのうち、60-70%は「基礎代謝」といわれるものです。基礎代謝とは身体を維持するために消費されるカロリーです。寝ているときでも心臓は動いていますし、呼吸をしています。そのため、何もしないで横になっていてもカロリーは消費されます。1日2000Kcalを摂取している人は1200-1400Kcalが基礎代謝で消費されることになります。

食事でカロリー制限をしても、その分、基礎代謝が下がり、消費されるカロリーも減るため、体重は減らないということが分かっています(※)。その証拠に、1990年から20年間にわたって行われたアメリカの大規模な調査で、「摂取カロリーと体重の増加には相関関係はない」という結論が出ています。この調査期間中、アメリカでは肥満は増え続けているのに、人々の摂取カロリーにはほとんど変化は見られませんでした。

※ Corby K Martin et al., 「カロリー制限が安静時代謝量および自発的身体活動に及ぼす影響」Effect of calorie restriction on resting metabolic rate and spontaneous physical activity, 2007.

イギリスでの研究では、摂取カロリーは減っているのに肥満は増えていたという結論さえ出ています。これまでの常識であったカロリー制限は、少なくとも肥満の解消には有効ではないと証明されているのです。

■並みの運動量では、カロリー消費量も「微々たるもの」

また、ダイエットには運動が重要だといわれますが、30分のエアロビクスをして消費されるカロリーは150Kcalです。30分の水泳で180Kcalです。ご飯1杯(160g)のカロリー250Kcalにも及びません。

中等度の有酸素運動を1日60分、週6日間行った減量効果をみたある研究では、男性の平均体重96.1kg、女性77.9kgが1年後の体重減少量をみたところ、男性で1.8kg、女性で1.4kgでした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル