top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さすがヘビと戦えるだけのことはある!コビトマングースの見事な卵の割りっぷり(ただしプラスチック製)

マランダー



 マングースという生き物を知っているだろうか。日本ではハブ退治の名目で導入されたものが、沖縄と奄美に定着しているものの、本来はアフリカから西~南~東南アジアに生息する哺乳類である。

 今回はアメリカのオレゴン動物園が公開した、コビトマングースの卵割りの映像をご覧いただこう。

Tiny Dwarf Mongooses Play With Toy Eggs

 プラスチック製の卵型ケースには美味しいオヤツが入っているよ。さあ、コビトマングースはどうやって中身を食べるんだろう?



 と思って見ていると、器用に卵を抱え込んで…。


 後ろにスポーンと放り投げ、見事に卵を割っているよ。


 どうやったらオヤツにありつけるのか、ちゃんとわかっているんだね。


 小人マングースは、その名の通りマングースの仲間の中では一番小さい種類なんだそうだ。体長は平均20~25cm程度というから、ちょっと大きめのリスくらいだと思えば間違いないだろう。

 生息地はアフリカの東部から南部にかけてのサバンナ地帯。ネズミやヘビ、トカゲといった小動物の他、卵も食べるそうだから、この動画で見らるような行動は、野生の本能によるものなのかもしれないね。

written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル