top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

瀬戸大也“不倫メドレー”清算へ…妻・馬淵優佳に複数企業がサポート名乗り

週刊実話WEB

(画像)katacarix / Shutterstock.com

飛込競技の元日本代表で、2017年に競泳の瀬戸大也との結婚を機に引退した馬淵優佳が、昨年末に現役復帰を表明。

【関連】瀬戸大也を支えるため遂に!? 妻・馬淵優佳の「艶写真集」仰天計画 ほか

10月ごろから練習も再開しており、地方大会での試運転も行っていたようだ。

「目標は2024年のパリ五輪出場です。ブランクがないと言ったら嘘になるでしょうが、本人は至って楽しそうです」(スポーツ協会担当記者)

現役復帰には事情がある。瀬戸と結婚した当初は「夫婦で東京五輪出場」を目指していたが、妊娠と出産が重なったため断念。子育てに専念していたが、瀬戸が不倫相手を〝はしご〟する醜態をさらしたため、表舞台に戻らざるを得なくなったのだ。

「競技解説のほか、トーク番組にも呼ばれていました。旦那の不倫について突っ込まれても毅然としており、彼女への好感度は高まっていました」(同・記者)

広告の後にも続きます

先輩アスリートと話をする機会も増え、復帰の決意を固めたというわけだ。しかし、こんな指摘もあった。

馬淵の本音は「夫も一緒に」のようだが…

「瀬戸は大手スポンサーからの出資を止められ、いまだ所属先も決まりません。国内大会は『所属先ナシ』では出場できないので、自分で自分の所属先をつくりました」(飛込関係者)

馬淵は両親の協力を得て、練習と家事を両立。練習拠点と都内の自宅を往復している。

馬淵はどんなに疲れていても、2人の子どもの朝食は必ず用意しているという。そんな〝ママさんアスリート〟としての奮闘ぶりに、複数の企業がサポートを名乗り出たそうだ。

「夫も一緒にというのが彼女の本音のようですが、出資する企業側からすると、不倫はイメージダウンにしかなりません。馬淵のみを応援したいようです」(同・関係者)

おそらく馬淵に押し切られ、瀬戸にも救いの手を差し伸べることになりそうだが…。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル