top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』にスタア(竹内結子)とジェシー(三浦春馬)は存在した! 制作側の愛も感じられる内容でした

Pouch[ポーチ]

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』にスタア(竹内結子)とジェシー(三浦春馬)は存在した! 制作側の愛も感じられる内容でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、オススメレビューをします。

今回ピックアップするのは人気シリーズの最新作『コンフィデンスマンJP 英雄編』(2022年1月14日公開)です。

2018年4月期のテレビドラマで人気を博し、2019年に第1作目の劇場版が公開された本作のシリーズ。1作目はもちろん、2作目も大ヒット! そしていよいよ第3作目が公開です。

第1作目は香港、2作目はランカウイ島(マレーシア)でロケを行い、劇場版らしい大掛かりなトリックで魅了してきた本シリーズ。今回はヨーロッパのマルタ島でロケを敢行。お先に試写で見せていただきましたが、今回も見事に騙されました! では物語から。

【物語】

英雄と言われていた伝説の詐欺師・三代目ツチノコ(角野卓造)が亡くなり、彼のもとで詐欺師としての腕を磨いてきたダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)。3人は、コンフィデンスマンの憧れ「ツチノコ」の称号をかけて真剣勝負を行うことに。

広告の後にも続きます

舞台はマルタ島の都市ヴァレッタ。今回のターゲットは、スペイン人の元マフィア、ジェラール・ゴンザレス(城田優)が所持する幻の古代彫刻「踊るヴィーナス」。これを誰が最初に手に入れるか……初めて詐欺師バトルを展開していく。

【マルタ島で弾ける3人対決が楽しい】

『コンフィデンスマンJP 英雄編』、今回もめちゃくちゃ楽しかったです! 常に協力してきた3人が、詐欺師バトルという設定が大正解。

これまでダー子がリーダーとして活動してきたので、ダー子優勢かと思ったら、ボクちゃんが先制! 先にスペイン人のゴンザレスの懐にもぐり込んでいて、ダー子が焦るという展開が意外です。

リチャードは裏で暗躍。「リチャードの本当の顔を私たちは知らない」というダー子の言葉に、もしやリチャードが四代目ツチノコ?と思ったりして。

スペイン人の周りで3人が、やんやとにぎやかに詐欺合戦を繰り返す姿は、微笑ましいです。

【濃い~キャラが続々登場】

そして今回も濃い新キャラが続々登場。特に注目してほしいのが3名です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル