top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鈴木伸之×犬飼貴丈の契約関係に熱視線「なんて色っぽい2人なんだ」

テレビドガッチ


鈴木伸之が主演、犬飼貴丈が共演するプラチナイト モクドラF『ケイ×ヤク―あぶない相棒―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)が、1月13日にスタート。鈴木演じる国下一狼と犬飼演じる英獅郎の関係に視聴者の視線が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、「堅物な公安捜査官」と「ミステリアスなヤクザ」による“禁断のバディ”が繰り広げる物語。2人は協力し合う関係を周囲から隠すために偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密捜査で追ううちに、次第に巨大な陰謀へと巻き込まれていく。

警視庁公安部に所属する捜査官の一狼は、公安部長の田口晶(徳井義実)の命により、指定暴力団「峰上組」の若頭である獅郎の監視をしていた。獅郎を尾行する中で、一狼は、傷だらけになった瀕死の男・白石を発見。意識を取り戻した白石に話を聞くと、獅郎が経営する会員制サロンで闇の“ファイトクラブ”が行われているという。

一狼は、ファイトクラブの参加者になりすましてサロンに潜入。獅郎との接触に成功するが、身元を偽っていることを見破られてしまう。問い詰められた一狼が白状せずにいると、獅郎は「ゲームをしよう」と提案。一狼が試合に勝てば、何も聞かずに解放する。しかし、負けたらどんな手段を使ってでも口を割らせると言われるのだが、一狼は白石を打ちのめした世界チャンピオンにもなった元キックボクサー・佐々木にボコボコにされ、負けてしまうのだった。

しかし、負けてしまったにも関わらず、なぜか一狼を逃がしてくれた獅郎。翌日、教育係兼相棒であり、あるとき急に姿を消した先輩捜査官・央莉音(栗山千明)の墓前に一狼が花を添えていると、そこに獅郎がやって来る。なんと、獅郎は莉音の弟。警察が発表した殉職という内容に納得がいっていない獅郎は、姉の死の真相を追っていたのだ。そんな彼に一狼は自身が公安警察であることを明かし、「俺と手を組まないか」と誘う。

スリリングなシーンの連続に息を飲んだ視聴者が多かったらしく「映画のようだった」「続きが気になる!」といった絶賛の声が多数。さらに、一狼と獅郎のやり取りにも注目が集まり「なんて色っぽい2人なんだ」「2人の絡みにドキドキした」という感想がSNS上に寄せられていた。

次回、第2話は1月20日に放送。一狼と獅郎は、莉音の手帳に書かれていた4人の政治家の接点を調べることに。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル