top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

声優の前田佳織里と小原莉子がハマるゲームの話。「フォートナイトでこの世の終わりみたいな叫びを出しちゃう」

web Sportiva


前田佳織里さん(左)と小原莉子さん。声優として活動しながら「声優e-Sports部」にも所属


「誰かと助け合う大切さはゲームで教わった」

 そう語るのは、アニメやゲームなどを中心に声優として活躍する前田佳織里さんと小原莉子さんだ。前田さんは「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の桜坂しずく、小原さんは「BanG Dream!」の朝日六花といった人気キャラクターに命を吹き込む一方、プライベートではふだんからゲームプレーに勤しむ根っからのゲーマーでもある。

 そんなふたりは現在、「声優e-Sports部」にも所属。YouTubeチャンネルでの動画投稿やイベント企画などを通し、声優だからこそできる視点でeスポーツ業界の活性化に貢献している。ふたりは一体どのようなゲームと出会い、どのような体験をしてきたのか。ゲームとの出会いからふだんのプレースタイルなどについて尋ねた。

――まずはゲームと出会ったきっかけを教えてください。

前田 友達の家で遊んだNINTENDO64(以下、64)の『ピカチュウげんきでちゅう』が最初にプレーしたゲームだったと思います。私の家はけっこう厳しくて小学生の頃からゲーム禁止だったこともあり、友達のお家で一緒に遊ばせてもらうことが多かったですね。大人になってからは、幼少期の反動からなのかゲームにめちゃくちゃハマりました。新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間も増えましたし、最近は64の本体をそろえて『ゼルダの伝説 時のオカリナ』を遊んだりしています。

広告の後にも続きます

小原 懐かしいね! 私はスーパーファミコンの『ストリートファイターⅡ』が最初でした。あとは同じくスーパーファミコンの『星のカービィ』や『がんばれゴエモン』でも遊びましたね。あとはかおりん(前田さんの愛称)と同じく64だったり、後続ハードのゲームキューブや携帯ゲーム機のゲームボーイアドバンスもそろえていました。今思い返すと、任天堂のハードで育ったように思います。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル