top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

伊達公子が日本テニス界に切実な危機感。「変えるなら今。これがラストチャンス」

web Sportiva

伊達公子インタビュー@前編

「それがわかったら……それがわかったらぁ」

 腕を組み、首を傾げ、笑み混じりにしかめた口もとから、苦渋の言葉がこぼれた。

 どうすれば、第二の伊達公子を育てられるのか?

 その命題を幾度も自身に問いかけ、誰より必死に答えを探してきたのが、ほかならぬ伊達公子本人だ。

広告の後にも続きます

 海外留学等の経験なし。親族にトップアスリートやテニス関係者なし。テニス強豪高校の部活動で全国優勝を目指していた少女は18歳でプロの世界に飛び込むと、1990年代に世界の4位まで駆け上がった。

 一度は26歳の全盛期に引退し周囲を驚かせるも、その12年後の現役復帰および活躍で、一層の衝撃を世界中のファンや関係者に与えた。

 単複でツアー優勝も成した10年のセカンドキャリアを成功裏に終えた今、彼女は「リポビタンPresents KIMIKO DATE x YONEX PROJECT」を立ちあげ、後進育成に情熱を注いでいる。

 さらに昨年6月には、日本テニス協会理事に就任。”孤高の人”の組織参加は、大きな決意を感じさせる動きだ。

 30年にわたり、この競技を内外から見てきた伊達の目がとらえる、日本テニス界の問題点とは? そして、見据える未来像とは?

   ※   ※   ※   ※   ※

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル