top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

パゾリーニの傑作『テオレマ4Kスキャン版』と『王女メディア』へ、町山智浩氏が「パゾリーニの脂が乗りきった傑作二本立て!」とコメント!特別予告&場面写真も一挙公開!

cinefil

イタリアの異端児ピエル・パオロ・パゾリーニの生誕100年を記念し『テオレマ4Kスキャン版』と『王女メディア』の2作品が3月4日(金)より、 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開となります。
併せて、予告編と場面写真も一挙解禁いたしました。

映画監督のみならず、作家、詩人、批評家などさまざまな顔を持ち、1975年に突如この世を去ったイタリアの異才ピエル・パオロ・パゾリー ニ。
フェデリコ・フェリーニ監督『カリビアの夜』(57)やベルナルド・ ベルトルッチ監督のデビュー作『殺し』(62)など数多くの脚本を手掛け、61年に『アッカトーネ』で映画監督デビュー。ローマのスラム街から神話世界まで、映画作品における作風は多岐にわたり、ダルデンヌ兄弟(『その手に触れるまで』)やミヒャエル・ハネケ(『ハッピーエンド』)、パブ ロ・ラライン(『スペンサー』)、ミア・ハンセン=ラヴ(『未来よこんにちは』)、そしてアリーチェ・ロルヴァケル(『幸福なラザロ』)など巨匠から若き才能まで幅広い映画作家たちを魅了し、没後45年以上の時を経た今もなお影響を与え続けている。

ピエル・パオロ・パゾリーニ
Pier Paolo Pasolini
1922年3月5日、ラヴェンナの伯爵家出身で陸軍将校の父カルロ・アルベルトと、フリウリ地方カザルサ生ま れで教師の母スザンナ(コルッシ姓)の長男として、イタリアのボローニャに生まれる。父の転任に伴い幼 少期は北イタリアを転々とする。母の影響で幼いころから詩を書き始める。39年、飛び級でボローニャ大学 文学部に進学。ファシスト青年団GUFの映画上映会でルネ・クレールやルノワール、チャップリンに感銘を 受ける。42年7月、20歳の時に、フリウリ地方の方言(フリウリ語)で書かかれた処女詩集『カザルサ詩 集』を自費出版。47年、カザルサ近郊の中学校で教師として働き始めると同時に、共産党に入党するが、49
年に同性の未成年への猥褻行為で訴えられ(のちに無罪となるが)免職となり、党からも除名される。50年、 母とローマの貧困地区に移り、詩や小説を書き続けながら、教職や�聞・雑誌への寄稿で生活費を捻出する。
55年5月に長編小説『生命ある若者』を発表。パゾリーニの小説で初めて出版された作品となる。 マリオ・ソルダーティ監督作『河の女』(54)の脚本執筆を機に映画界へ進出、以降、フェデリコ・フェ リーニ監督『カリビアの夜』(57)『甘い生活』(60)や、マウロ・ボロニーニ監督『狂った夜』(59)『汚れな き抱擁』(60)『狂った情事』(60)、ベルナルド・ベルトルッチ監督のデビュー作『殺し』(62)など数多くの 脚本(共同脚本も含む)を執筆する。61年『アッカトーネ』で映画監督デビュー。翌年にはアンナ・マ ニャーニを主演に迎えた『マンマ・ローマ』を監督。「マタイによる福音書」を映画化した『奇跡の丘』(64)はヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、米アカデミー賞でも3部門ノミネートを果たす。そ の後『アポロンの地獄』(67)や『テオレマ』(68)『豚小屋』(69)といった衝撃作を放ち、不世出のディー ヴァ、マリア・カラスを主演に迎えた『王女メディア』(69)を完成させる。続いて「生の三部作」と呼ばれ る、『デカメロン』(71年ベルリン映画祭銀熊賞受賞)、『カンタベリー物語』(72年同映画祭金熊賞受賞)、『アラ ビアンナイト』(74年カンヌ映画祭審査員大賞受賞)で高い評価を得る。75年春にマルキ・ド・サドの『ソドム の百二十日』を映画化した『ソドムの市』を撮影。同年11月2日未明、ローマ郊外のオスティア海岸で他殺 体となって発見される。享年53歳。その死については諸説あり現在も謎に包まれている。『ソドムの市』は 翌76年1月に劇場公開を迎える。死後、未発表の原稿が続々と発見され、イタリアでは98年から2003年にか けてパゾリーニ全集全11巻が刊行された。

本特集では、2022年3月5日に迎えるパゾリーニの生誕100年を記念し、劇場初公開以来ほとんど上映される機会のなかった2作品をデジタルリマスター素材で上映する。
1本目は、第29回ヴェネチア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した『テオレマ4Kスキャン版』
ブルジョワ一家の前に現れる謎の青年を名優テレンス・スタンプが 演じ、青年に翻弄される一家の娘をアンヌ・ヴィアゼムスキー、母をシルヴァーナ・マンガーノが演じている。 ヴェネチア映画祭での上映ボイコット騒動や、猥褻罪による裁判沙汰が話題を呼び大ヒットとなった問題作だ。

『テオレマ4Kスキャン版』

(c) 1985 – Mondo TV S.p.A.

広告の後にも続きます

北イタリアの大都市、ミラノ郊外の大邸宅に暮らす裕福な一家の前に、あ る日突然見知らぬ美しい青年が現れる。父親は多くの労働者を抱える大工 場の持ち主。その夫に寄りそう美しい妻と無邪気な息子と娘、そして女中。 何の前触れもなく同居を始めたその青年は、それぞれを魅了し、関係を持 つことで、ブルジョワの穏やかな日々をかき乱していく。青年の性的魅力 と、神聖な不可解さに挑発され、狂わされた家族たちは、青年が去ると同時に崩壊の道を辿っていく…。

(c) 1985 – Mondo TV S.p.A.

(c) 1985 – Mondo TV S.p.A.

(c) 1985 – Mondo TV S.p.A.

(c) 1985 – Mondo TV S.p.A.

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル