top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

図書館員の推し本。小中学生に「これがおすすめ!」

BOOKウォッチ

アレにもコレにも! モノのなまえ事典(ポプラ社)<amazonで購入>

 「図書館員がえらぶ 選書センター大賞」が先月発表された。

 これは、小中学校児童・生徒向けの選書施設「日販図書館選書センター」(東京・千代田区)開設5周年を記念して実施された企画。

 昨年10月から11月にかけて、150名超の図書館関係者が「これがおすすめ!」と思う図書に投票し、総合トップ3が決定された。

「図書館員がえらぶ 選書センター大賞」とは?
・図書館員と一緒にイチオシ図書を選ぶ特別企画!
・小中学校図書館に特化した目線でのラインナップ!

大賞『アレにもコレにも! モノのなまえ事典』(ポプラ社、2019年)

杉村 喜光 文、大崎 メグミ 絵

 「人気すぎて、棚にほとんどいないです!」(図書館員の声)

『アレにもコレにも! モノのなまえ事典』(ポプラ社)

 パンのふくろを閉じるアレ、プチプチって呼んでいるアレ、理髪店の前でグルグル回っているアレ……。大人になっても、知っているようでじつは知らないモノの名前は案外多い。

広告の後にも続きます

 「ものにはすべてなまえがついていて、なまえがないものなんてひとつもないんだ」。本書は、そんなモノの名前が大集合! 「モノのなまえ」とその由来を、クイズ形式で紹介している。

 たとえば、ランドセル。元になっているのは、オランダ語で「背負いかばん」を意味するランセル(ransel)。意外だったのが、おてんば。元はオランダ語で「手に負えない」を意味するオンテンバール(ontembaar)。

 「なまえを知ると、家の中でも、学校でも、外を歩いているときでも、目に見えるものが楽しくなっていくよ」(はじめに)

 本書の主な対象は小学3年生から6年生だが、大人も子どもも発見の連続で楽しめる1冊。



2位『生きものつかまえたらどうする?』(偕成社、2014年)

秋山 幸也 文、松橋 利光 写真、こば ようこ 絵

 「この1冊があれば、『~の飼い方の本ない?』というレファレンスが怖くない!」(図書館員の声)

『生きものつかまえたらどうする?』(偕成社)

 庭、空き地、池のそば、田んぼや畑、川のまわりでは、虫、トカゲ、カエルなどの生きものがたくさん。見つけると、子どもはつかまえたくなるもの。

 しかし、つかまえるのは結構むずかしい。もしつかまえても、うっかりすると、小さな生きものはすぐに死んでしまう。そのため、つれてかえるには注意が必要。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル