top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ネットはなぜ「私の好み」を知っているのか?

BOOKウォッチ

アルゴリズムの時代(文藝春秋)<amazonで購入>

 コンピュータが人々の生活に浸透して、世の中は便利になった。しかし、その一方で、なんだかコンピュータに支配されているような気配も強まっている。

 本書『アルゴリズムの時代――機械が決定する世界をどう生きるか』(文藝春秋)は、21世紀に生きる私たちが抱くもやもや感を「アルゴリズム」を手掛かりに分析する。


ネット時代のインフラ

 広辞苑によれば、「アルゴリズム」とは、「問題を解決する定型的な手法・技法。コンピュータなどで、演算手続きを指示する規則」のことだ。日本大百科全書では「定められた手続に従って計算していけばいつかは答えが得られ、それが正解であることが保証されている手続である」という説明もされている。

 本書は、アルゴリズムとは「コンピュータとインターネットの時代の歯車」であり、「表には見えない無数のコードの連なり」と規定する。

 「橋やビルや工場のように、暮らしに欠かせないインフラ」であり、「個人の好みを学習し、次に何を観て、何を読み、誰とデートすればいいのかを教えてくれる」。裁判官は被告の刑罰を決めるにあたってアルゴリズムを使い、医師は自身の判断よりもアルゴリズムを優先させる。そして人間のあり方をじわじわと変えていく。民主主義を揺るがすほどの権力を持つアルゴリズムもあるという。

人間が判断していると思っていたら…

広告の後にも続きます

 著者のハンナ・フライさんは1984年、英国生まれの数学者。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン高等空間解析センターの准教授。コンピュータにも詳しい。

 本書は「影響力」「データ」「正義」「医療」「車」「犯罪」「芸術」の各章に分かれ、アルゴリズムの様々な姿を伝える。

「アマゾンで買い物をすると、『これもおすすめ』される」
「新車を探そうと検索すると、車と保険の広告がやけに出てくるようになる」
「なんだか変な道だな、と思ってもカーナビの言う通りに運転する」

などの例を紹介しながら、私たちの意思決定が少しずつ少しずつ、機械に任されるようになっていることを紹介。「だが、その機械の実体『アルゴリズム』について、私たちはどれだけ知っているだろうか? それらはどんなプログラムで、どんな狙いで、実際何をしているのか?」と問いかける。

 そして、人間が判断していると思っていたら、実は、アルゴリズムが驚くほど大きな役割を果たしていること、さらにアルゴリズムが信じられないようなミスも犯すことなども教える。

自分が丸裸になっている

 本書の問いかけについては、すでに多くの人が経験済みだろう。例えば「日経ビジネス」の21年12月13日号は、「私の知らないネット上のワタシ」を特集、「ワタシの趣味も行動もネットは全てお見通し」と書いていた。

「『なぜ買おうと思っていた商品のネット広告が……?』 心の中を見透かされるような体験が、最近増えていないだろうか。その感覚は恐らく正しい。精度も年々向上しつつある。GAFAをはじめとしたIT大手は消費者の行動履歴を収集して分析し、私すら知らない『ワタシ』をネット上に作り上げていく。彼らは何をどこまで知っているのか。世界をどう変えていくのか」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル