top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カムカムエヴリバディ「試着室」の華麗演出に感動の嵐 深津絵里&オダギリジョーが…「粋すぎる」

J-CASTニュース

2022年1月14日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の演出をめぐり、ツイッターで「試着室の使い方が粋すぎるー!」といった絶賛が上がった。(※以下、ネタバレあり)

ドラマ終盤、主人公の雉真るい(深津絵里さん=49)はコンテストを控えたトランぺッターの大月錠一郎(オダギリジョーさん=45)のために衣装を選ぶべく、錠一郎と連れ立って仕立て屋へ。真っ赤なジャケットと白いシャツを選んで錠一郎に手渡すと、るいは試着室のカーテンを閉じた。ここから、試着室を使った巧みな演出が始まる。

「私、大月錠一郎の演奏、生で聞いた事あんねんで」

閉じたカーテンを背に、るいは「楽しかったです。大月さんと出会って、ジャズに出会って、きっと優勝できます。大月さんやったら、きっと銀座のステージでも成功します」と、錠一郎の将来は明るいとニッコリ。さらに、錠一郎が海外でも活躍するだろうと夢想した上で、「私、自慢します。『私、大月錠一郎の演奏、生で聞いた事あんねんで』って。大月さんの衣装、洗濯してたんやでって」と、別れを意識した一言を放った。

試着を終え、カーテンを開けて出て来た錠一郎は、「何で僕じゃあかんの?」と、るいに問いかける。前日のラスト及び12日の放送の冒頭では錠一郎がるいに対し、コンテストに優勝した暁には一緒に上京しようと呼びかけるシーンがあり、錠一郎がるいとの結婚を意識していることが描かれていたのだ。

しかし今回、るいは「私、東京なんか行きたくないんです」と断り、試着室に逃げ込むとカーテンをピシャリ。そこには試着室とあって姿見が置かれており、るいは茫然と自らの姿を見つめる。カーテンを開けた錠一郎と鏡越しに目が合うと、るいは自らの額の傷を見せるべく前髪を上げた。苦虫を噛み潰したような表情を見るや、錠一郎はるいを振り向かせて前髪を整えると、るいをやさしく抱きしめたのだった。

広告の後にも続きます

そして、そのままキスシーンかと思いきや、鏡には2人の姿を見ていた仕立て屋の店主の姿がチラリ。2人が気付いて店主が慌てて視線を明後日の方向に向けると、錠一郎が試着室のカーテンを閉じ、この日の放送は終了したのだった。

何ともロマンティックなラストに対し、視聴者からはツイッターで「試着室の使い方が粋すぎるー!」「今日の名脇役は試着室が気になってしょうがないあの店主ですかね…」といった声が続々。また、後番組の「あさイチ」では鈴木奈穂子アナウンサーが「これは、今日1日キュンキュンですね」と興奮気味に「朝ドラ受け」を語ったほか、博多大吉さん(50)は「お客様、試着室はお一人でお願いしますね」、博多華丸さん(51)は「赤いジャケットは買い取りでしょうね」と語るなど、試着室を使った巧みな演出はMC陣をうならせたのだった。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

TOPICS

ジャンル