top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

死に向かう妻と会話…「男というだけで大きな顔をしてきた。」

幻冬舎ゴールドライフオンライン

本記事は、島崎二郎氏の書籍『ALS―天国への寄り道―』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【関連記事】「病院に行って!」背中の激痛と大量の汗…驚愕の診断結果は 

心が揺らいだ時、いつも背中を押してくれたのは妻だった

一カ月前から、空腹になると胃が痛くなる。

『今日は医者に行こう』

と今まで何回か考えたが、延び延びになっていた。今日こそはと思ったものの、朝の七時になっても朝食の用意をわざとしなかった。

広告の後にも続きます

『これでいい』

と本気で行く気になる。九時の開院まで時間がある。

昨日は金曜日で京子の風呂の日だった。バスタオル三枚と手ぬぐい、パジャマ、靴下など、持ち帰った汚れ物を洗濯機に入れたが、洗剤がなくなっていることを忘れていた。九時にならないと店が開かない。洗濯機に湿った洗い物を突っ込んでおくと、カビが生えそうなので取り出した。

鏡に映った自分の顔を見た。やつれて、顔色が悪いということもない。髪が伸びてきているだけだった。散髪屋の開店時間を一旦、居間に戻って財布に入っているポイントカードで確認した。これも九時からで時間が重なっている。

空腹の絶頂時なのに胃痛が起きなかったので、しばらく様子をみることにした。九時前になってもやはり、胃痛が起きない。病院はやめにした。妻が元気なら私の不安を煽って病院に行かせるだろう。

私の心が揺らいだ時に、いつも京子の背中押しがあった。それで病気が見つかったこともある。会社では他人に助けてもらい、家では京子に全面的に依存していたのだと、当時はそれさえ考えつかなかったことが、今では私の苦笑いの種になってしまった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル