top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

デルタ航空、トラベルバウチャーや航空券の有効期限を延長

FlyTeam

デルタ航空、トラベルバウチャーや航空券の有効期限を延長

デルタ航空は新型コロナウイルスのオミクロン株の影響も考慮し、発行されたトラベルバウチャー「eクレジット」の期限をさらに1年延長し、2023年末まで使用できるように変更しました。

2022年1月12日(水)から、発行済みeクレジットを保有する旅客は、さらに1年の猶予が与えられ、再予約と旅行ができるようになります。航空券の予約は2023年12月31日(日)まで、旅行は2024年内まで可能になります。

これと同時に、2022年に予定している旅行、または2022年にデルタ航空の航空券を購入した全ての旅客は、予定が変更になった場合、2023年12月31日(日)まで航空券を再予約でき、2024年末までに旅行できるように規定を変更しています。

デルタ航空はこれにより、同社の旅客が安心して航空券予約または再予約できる体制を整えます。また、利用者自身がコントロールできない事態に直面しても、トラベルバウチャーの利用期間が長くなるため、安心して利用できるようにします。

なお、システム更新に時間が必要なため、発行済みのeクレジットの有効期限が変更されていない可能性もあります。その場合も、2022年または2023年中はいつでもeクレジットを使い、航空券予約ができます。

TOPICS

ジャンル