top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヤクルト・補強と成長で投手陣に厚み、連覇へ体制整う【2022最新メンバーリスト】

週刊ベースボールONLINE

いよいよ2022年がスタート。各チームの補強も最終段階に入ろうとしている。ここでは最新メンバーリストを戦力分析とともにお届けする。
※情報は2022年1月9日現在


黄金時代の再来へ。高津監督のもと2年連続の日本一を目指す

[2021年成績]セ1位 73勝52敗18分、打率.254、防御率3.48

 12球団ワーストの防御率4.61だった2020年から、防御率3.48へと大幅改善した昨年の投手陣だが、規定投球回を達成した投手は0人。CS、日本シリーズと大舞台で好投した奥川恭伸や高橋奎二が1年間を通して先発ローテーションを守ることができれば、チームとしても勢いに乗っていけるだろう。そして今オフには新外国人のスアレス、コールを補強。先発ローテの一角として期待が高まる。後ろには石山泰稚、清水昇、マクガフら強力な救援陣が控えるが、負担を最小限にシーズンを戦い抜きたい。

 野手陣では、中村悠平がFA権を行使せず残留。攻守で存在感を発揮した扇の要が、今年もチームを引っ張る。また、オスナ、サンタナの両外国人が残留したのも大きい。12球団イチの603打点を記録した切れ目のない強力打線は、今年も他球団の脅威となるはずだ。

 青木宣親に山田哲人、村上宗隆など不動のレギュラーがスタメンに名を連ねるが、控えの層の厚さには不安が残る。昨年、塩見泰隆が不動のリードオフマンとして飛躍したように、スタメンの座を脅かす存在が出てくるかどうかにも注目。高津臣吾監督のもと1992、93年以来のリーグ連覇に挑む。

担当記者のこの男の“ココ”に注目! 石山泰稚



投手/#12

9回のマウンドに再び立てるか

 昨年は抑えとして開幕を迎えるも、不調により中継ぎへ配置転換。チームは日本一になったが、守護神の座をマクガフに譲り、悔しいシーズンを過ごした。高津監督は「抑えはマクガフ」と明言したが、実力でその座を取り戻す。(Ak)

東京ヤクルトスワローズ 2022 メンバー表


注釈:〇=新加入、△=移籍、■=背番号変更、※=コーチ補佐兼任、名前横は背番号
【監督】
22高津臣吾

【一軍コーチ】
82松元ユウイチ、89伊藤智仁、98石井弘寿、74杉村繁、78大松尚逸、75森岡良介、81佐藤真一、83衣川篤史

【二軍監督】
88池山隆寛

【二軍コーチ】
△79城石憲之、77尾花高夫、72小野寺力、84松岡健一、76宮出隆自、85畠山和洋、80緒方耕一、87福川将和、95土橋勝征、92山本哲哉

【投手】
11奥川恭伸、12石山泰稚、14高梨裕稔、○15山下輝、16原樹理、17清水昇、18寺島成輝、19石川雅規、20木澤尚文、21山野太一、24星知弥、26坂本光士郎、28吉田大喜、29小川泰弘、34田口麗斗、35杉山晃基、37マクガフ、38梅野雄吾、40市川悠太、○41柴田大地、44大西広樹、47高橋奎二、48金久保優斗、○50アンドリュー・スアレス、52近藤弘樹、53長谷川宙輝、54サイスニード、56鈴木裕太、61久保拓眞、○62竹山日向、○63A.J.コール、64大下佑馬、67嘉手苅浩太、68宮台康平、69今野龍太

【育成投手】
014小澤怜史、017丸山翔大、019下慎之介

【捕手】
■27中村悠平、30西田明央、32松本直樹、33内山壮真、※45嶋基宏、57古賀優大

【育成捕手】
022松井聖、025内山太嗣

【内野手】
00奥村展征、1山田哲人、3西浦直亨、5川端慎吾、6元山飛優、7内川聖一、10荒木貴裕、13オスナ、39宮本丈、46太田賢吾、55村上宗隆、58長岡秀樹、○59小森航大郎、60武岡龍世、65松本友、66吉田大成

【育成内野手】
023赤羽由紘

【外野手】
0並木秀尊、○4丸山和郁、8中山翔太、9塩見泰隆、23青木宣親、25サンタナ、31山崎晃大朗、42坂口智隆、49渡邉大樹、51濱田太貴

【育成外野手】
○024岩田幸宏

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル