top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オリックス・発展途上の“生え抜き”メンバー中心にリーグ連覇へ【2022最新メンバーリスト】

週刊ベースボールONLINE

いよいよ2022年がスタート。各チームの補強も最終段階に入ろうとしている。ここでは最新メンバーリストを戦力分析とともにお届けする。
※情報は2022年1月9日現在


中嶋聡監督2年目。勝利と育成の同時遂行はまだ続く

[2021年成績]パ1位 70勝55敗18分、打率.247、防御率3.31

 昨年の日本シリーズ敗退後の中嶋聡監督の言葉がすべて。

「まだまだ発展途上のチーム。チーム、選手個人すべてが、まだまだレベルアップできる」

 日本人の支配下選手の平均年齢は27.1歳。T-岡田、安達了一のベテラン、吉田正尚、杉本裕太郎の中堅、今年26歳の宗佑磨、同20歳の紅林弘太郎の三遊間と年齢バランスも良い。育成に舵を切り続けてきたチームはオフの補強も助っ人のみだ。野手ではジョーンズ、スティーブン・モヤが退団し、スイッチヒッターのバレラを獲得、投手はヒギンス、スパークマンが去るもワゲスパック、ビドルと左右の大型投手を新たに招き入れた。

 とはいえチームの底上げはルーキーと故障復帰組で図る。今年の高卒新人は池田陵真のみ。大卒右腕・椋木蓮、社会人出の横山楓、小木田敦也の両右腕がブルペンに厚みを与えそうで、山岡泰輔、黒木優太も故障から復帰。野手でも堅守強打の内野手・野口智哉が加わり、紅林、安達、太田椋らの二遊間争いに割って入る。俊足巧打の外野手・渡部遼人も福田周平とのポジション争いを繰り広げそう。生え抜き選手が鎬(しのぎ)を削ってチーム力向上へ。勝利と育成の同時遂行は25年ぶりの優勝だけでは終わらない。進化を続けて、今季こそ日本一をつかみ取る。

担当記者のこの男の“ココ”に注目! 宮城大弥



投手/#13

未完の球種はいかに!?

 昨季13勝を挙げて新人王に輝くも後半戦は苦しんだ。ただ、最終盤に復調。その際に投げていたのが未完のフォークだ。「まだまだ精度が低い」と言っていた球種だが、今季は果たして。投球の幅をさらに広げていくか。(AT)

オリックス・バファローズ 2022 メンバー表


注釈:〇=新加入、△=移籍、★=21年オフに支配下から育成、■=背番号変更、※=コーチ兼任、名前横は背番号。空欄は未定
【監督】
78中嶋聡

【二軍監督】
89小林宏

【コーチ】
88水本勝己、中垣征一郎、83小谷野栄一、90別府修作、73高山郁夫、△75厚澤和幸、71岸田護、82入来祐作、77梵英心、79辻竜太郎、△85高橋信二、76風岡尚幸、80小島脩平、81田口壮、70松井佑介、87齋藤俊雄、74山崎勝己、72平井正史、86由田慎太郎、84鈴木昂平、91飯田大祐

【投手】
11山崎福也、12山下舜平大、13宮城大弥、○15椋木蓮、16平野佳寿、17増井浩俊、18山本由伸、19山岡泰輔、21竹安大知、22村西良太、※26能見篤史、28富山凌雅、29田嶋大樹、30K-鈴木、35比嘉幹貴、37中川颯、43前佑囲斗、45阿部翔太、46本田仁海、47海田智行、48齋藤綱記、49澤田圭佑、○52横山楓、54黒木優太、○56小木田敦也、57山田修義、○58ワゲスパック、59バルガス、63山崎颯一郎、65漆原大晟、66吉田凌、○69ビドル、98張奕

【育成投手】
001佐藤一磨、002谷岡楓太、003中田惟斗、008松山真之、011川瀬堅斗、012辻垣高良、013宇田川優希、124近藤大亮、★125榊原翼、128東晃平

【捕手】
2若月健矢、23伏見寅威、○32福永奨、33松井雅人、44頓宮裕真、62中川拓真

【育成捕手】
005鶴見凌也、014釣寿生

【内野手】
■1福田周平、3安達了一、○4バレラ、5西野真弘、○9野口智哉、■10大城滉二、24紅林弘太郎、31太田椋、36山足達也、40大下誠一郎、42ラベロ、53宜保翔、67中川圭太

【育成内野手】
○021園部佳太、○022大里昂生、★120廣澤伸哉

【外野手】
○0渡部遼人、6宗佑磨、■7吉田正尚、8後藤駿太、25西村凌、27元謙太、38来田涼斗、○39池田陵真、41佐野皓大、50小田裕也、55T-岡田、60佐野如一、99杉本裕太郎

【育成外野手】
004平野大和、○020山中尭之

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル