top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『FM802 RADIO CRAZY presents LIVE HOUSE Antenna』オフィシャルレポート――kobore、Kroi、NEEらがジャンルレスに魅せた個性

SPICE

『FM802 RADIO CRAZY presents LIVE HOUSE Antenna』 撮影=渡邉一生


FM802 RADIO CRAZY presents LIVE HOUSE Antenna -GSシリーズ- 2022.1.5(WED) Zepp Namba(OSAKA)

1月5日(水)、大阪Zepp Nambaにてラジオ局FM802が主催するライブイベント『FM802 RADIO CRAZY presents LIVE HOUSE Antenna -GSシリーズ-』が開催された。本イベントは毎年年末に開催している同局主催のライブイベント『RADIO CRAZY』の名物企画「LIVE HOUSE Antenna」を3日間に亘ってZepp Nambaで開催するもので、2日目となるこの日の出演はOmoinotake、Kroi、kobore、DENIMS、TENDOUJI、NEEの計6組。次の『RADIO CRAZY』のステージを盛り上げるであろう注目アーティストのライブパフォーマンスが一同に観られるとあって、会場には2022年の「ライブ初め」な観客が数多く集まっていた。

イベントの開始前にはFM802のDJ板東さえかが「これからの音楽シーンを騒がすアーティストたちのライブ。ライブ初めをこのラインナップで観たことはきっと思い出に残るはず。この日をきっかけにたくさんのバンドと出会ってほしい」と、イベントへの思いを告げ、開幕を宣言。

■NEE

NEE


広告の後にも続きます

まずは東京発のエキゾチック・ロックバンド、NEEが登場。昨年デビューしたばかりの彼らだが、テレビ番組や音楽ストリーミングサービスなどで「2021年、注目のアーティスト」として紹介されていたこともあり、感度の高いラジオリスナーにとってはすでにお馴染みの様子で会場の雰囲気も上々だ。メンバーが「おはようございまーす!」と、早足でステージに登場すると1曲目「アウトバーン」へ。濃紫色の照明に照らされるなか、フリーキーなファンクネスが鳴り響き、くぅ(Vo.Gt)のコロコロと音域が変化していくボーカルが耳を離れない。おもちゃ箱の中に入っているような、ぎゅっと詰まった音のなかに入れ込まれたような不思議な感覚に囚われていく。

NEE


続く「万事思通」、夕日(Gt)の中毒性たっぷりのアバンギャルドなプレイに今度は目が離せない。緩急をつけるというか再生停止を繰り返すというか、聴く側を弄ぶようなサウンドも癖になるし、かほ(Ba)のリズムもが変幻自在すぎだし、たった2曲で彼らに夢中になって魅入ってしまう。

NEE


「新年一発目、トッパーでかましちゃって良いということですよね? Zepp Namba、やっちゃって良いの? 楽しんじゃってね? NEEは行きます、最強で最強の! やっちゃいます!」と飛ばし気味のMCに続くのは「ボキは最強」。くぅはハンドマイクに切り替え、踊るというよりもふらつくようにステージを右往左往していく。独創性を突っ走る「第一次世界」でも、大樹(Dr)のタイトなリズム、異国的というより無国籍なメロディ、どっと襲ってくる音の波に心踊らされる。

NEE


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル