top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アメフト経由の150キロ右腕・吉村優が明かす後輩・清宮幸太郎の素顔と「早実野球」

高校野球ドットコム

 150キロの剛速球が光る吉村 優投手(早稲田実業出身)。1学年後輩には高校通算111本塁打を記録した清宮 幸太郎内野手(現日本ハム)がいて、2年生夏には甲子園ベスト4を経験した。最後の夏はエースとして名門・早稲田実業の看板を背負ってマウンドに登り、西東京大会ベスト8まで勝ち上がった。

 吉村をはじめ、1学年後輩の清宮や、2学年後輩の野村 大樹内野手(現ソフトバンク)に加え、吉村が憧れた斎藤 佑樹さん(元日本ハム)など、数多くの名選手を輩出している早稲田実業と指揮官の和泉実監督の指導はどういったものだったのか。

あわせて読みたい
■vol.1
早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは?
■vol.2
アメフト経由でNPB挑戦 中等部出身組から「早実の背番号1」を勝ち取る
■vol.3
元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない
■コラム
2競技で「甲子園」経験 型破りな経歴でNPB入り目指す150キロ右腕が得たもの
■コラム
アメフト経由の150キロ右腕が明かす「早実野球」と後輩・清宮幸太郎の素顔

気づきの野球こそが早稲田実業の野球

吉村優、高校時代の清宮幸太郎

 1人のOBでもあり、1人の教え子である吉村は、「気づき」というキーワードを用いる。

「文化として、気づきの野球を大事にされています。監督も『日常から何かに気づく力は、野球に生きてくる』と何度も指導してくれまして、その辺りをかなり見られていました」

広告の後にも続きます

 吉村自身、2年生の夏に初めてベンチ入りを果たす。硬式のクラブチームで実績がある選手が多くいる中で、中等部の軟式野球部出身ということもあり、些細なところからアピールを始めていた。ボール渡しをはじめ、練習試合ではアナウンスやスコア記入など、和泉監督にインパクトを与えようと必死だった。そんな吉村の頑張りに和泉監督が気付いたからこそ、チャンスをもらい、ベンチ入りをつかんだ。

 要因として、余計な四球を出さない安定感抜群の制球力もあったが、何より「監督に評価されていました」というベンチワークが鍵を握っていたと振り返る。

 ベンチワークは、吉村のなかでも大事にしていたことだった。

「自分の武器は何なのかと考えた時に、周りを見るのが得意だったので、ベンチワークは大事にしようと無意識に気づいたんです」

 吉村の言う通り、周りを見て気づいて行動をすることがベンチワークでは求められる。早稲田実業の文化が垣間見える瞬間といっていい。

 「気づく力」をもって、どう目標を立てて、そこに向かって考えて行動したから試合で結果が出たのか、と自分ですべきことを日常生活から実行することが求められた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル