top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

阿部寛、自身モノマネ芸人と生放送共演 至近距離で見て「気持ち悪いですね」

Sirabee

14日生放送『ラヴィット!』(TBS系)に人気俳優・阿部寛が登場。自身のモノマネをする芸人・ラパルフェの都留拓也と共演し、大きな反響が起きている。


■『ラヴィット』に登場?

この日、16日からスタートする同局の連続ドラマ・日曜劇場『DCU』主演の阿部は、共演者を率いて番宣をかねて同局の生放送に出演。

朝の情報番組『THE TIME』に出演した阿部だったが、続く生放送『ラヴィット』のスタジオにも阿部の姿が。しかしよく見ると、阿部のモノマネ芸人・都留が『ラヴィット』のスタジオで待機していたのだった。


関連記事:阿部寛主演のTBS10月ドラマ『DCU』 春風亭昇太、趣里ら豪華キャスト5名が決定

■阿部の代わりに…

『ラヴィット』がはじまると、『THE TIME』のスタジオからの移動・準備時間をつなぐ役割も担う都留は「阿部寛です」と登場。阿部のリアルなモノマネでスタジオを盛り上げていく。それから約1時間後に阿部ら『DCU』メンバーが『ラヴィット』のスタジオに到着。

広告の後にも続きます

MCの麒麟・川島明は「じゃあずっとここにいた阿部寛さんは?…あれ? どちらが(本物)」ととぼけたものの、阿部と都留の2ショットが画面に映ると「こう見たら全然似てないじゃないですか」と猛ツッコミ。

阿部は「ちょくちょく見てますけど、ヒゲが強調しすぎだな」と苦笑しながらもモノマネについては公認する懐の深さを見せた。

■W阿部で盛り上がる

その後、阿部と同じ『DCU』で演じる海上保安庁・潜水特殊捜査隊に似せた制服に着替えた都留。阿部の指摘をすぐに受け入れヒゲを薄くしたのだが、「気持ち悪いですね」と至近距離で都留を見ていた阿部に切り捨てられ、スタジオは笑いに包まれる。

その後もW阿部として番組が進み、阿部も都留と積極的に絡む一幕も。番組終盤、都留に「バンバン名言作っていただいて、阿部さんがもうちょっと売れていただければ…」とイジられた阿部は苦笑、川島が「もう日本一やわ」と都留にツッコんだ。


■視聴者は好意的
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル