top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「スキルアップのため」なんてウソ? 女性が転職を決意した本当の理由

fumumu

(DeanDrobot/Getty Images Plus/写真はイメージです)

転職するときには、会社に「スキルアップ」などできるだけポジティブな理由を伝えるもの。しかしその裏には、ネガティブな理由が隠れている人も多いはずです。

fumumu取材班は女性達に、転職を決意した本当の理由について話を聞きました。


(1)先輩が怖かった

同じ部署の先輩は、ミスがなくてもなにかと理由をつけて文句を言ってくる怖い人。毎日不満をぶつけられて、私の心は疲弊していました。


このままこの仕事を続けていても、ただ先輩に気を使って日々が過ぎていくだけです。それは自分にとっても、もったいない時間だと思って、転職することにしました。


先輩のせいで多くの人が辞めており、会社にとってもマイナスな存在でしかないと思うのですが…」(20代・女性)

広告の後にも続きます

関連記事:今の会社を辞めて転職 人には言っていないけれど心で決意していること

(2)上司がかわいい後輩をひいき

「前職の後輩は、誰が見てもかわいい見た目の女性でした。彼女はなにも悪くないのですが、上司があからさまにひいきするのが嫌で…。


面倒な仕事は私に押し付けて、彼女には簡単な仕事ばかり。それが優しさだと上司は勘違いしているのかもしれませんが、まったくもって彼女のためにならないでしょう。


そんな上司にあきれてしまい、転職しようと思ったんです」(20代・女性)


(3)他の人が電話に出ない

「前の職場は頻繁に電話がかかってくるところでした。電話は気づいた人が取るのですが、みんな忙しいためか無視していて…仕方なく私が取るのですが、とても不公平に思っていたんです。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル