top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

冬に乱れやすい「自律神経のバランス」を整える方法3つ

朝時間.jp

おはようございます。脳腸セラピストの桜華純子です。

真冬らしい厳しい寒さが続いていますね。寒さと自律神経のバランスには深い関係があり、冬はそのバランスが崩れやすい季節といわれています。

そこで今回は、冬の間じゅう心身ともに快適に過ごすための、「自律神経のバランス」を整えるケアについてお伝えいたします。

冬に自律神経のバランスが崩れやすくなるのはなぜ?

夏に体力が弱まっていくことを「夏バテ」と言いますが、最近は、冬に体調が優れないことを表す「冬バテ」という表現もあります。

冬バタの原因の一つが、自律神経のバランスが崩れること。

広告の後にも続きます

では、なぜ冬は自律神経のバランスが崩れるのでしょうか?

それは、昼夜の寒暖差が大きくなることや日照時間が短くなることによって、急激な気温の変化に身体がついていけなくなるから、また、身体機能や精神状態に影響を与える神経伝達物質「セロトニン」の分泌が活性化されづらくなるからです。

その他に、年末年始の暴飲暴食や多忙によるストレスなども、冬場手の原因と考えられています。

自律神経のバランスが崩れて冬バテになると、体調だけでなく心の活力も失われてしまう可能性がありますので、しっかりケアすることが大切です。

毎日できる!自律神経のバランスを整える簡単ケア

【1】朝は窓を開けて、朝日をしっかり浴びよう

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル