top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

劇的決勝点のアレクシス・サンチェス、叫ぶ「オレは檻に入れられたライオンだ」

Qoly

12日に行われたスーペルコッパ・イタリアーナで、ユヴェントスを2-1と撃破することに成功したインテル。

1-1で延長戦に突入し、試合終了が近づいた120分。途中出場のアレクシス・サンチェスが決勝点を叩き込み、土壇場でリードを奪った。

【写真】ペナルティエリアでのミスを見逃さなかったインテル。サンチェスが胸トラップから決勝点

このゴールで試合のMVPにも輝いたアレクシス・サンチェスは、『Sportmediaset』に対して以下のように話していたとのこと。

アレクシス・サンチェス

「チャンピオンはこういうものさ。プレーすればするほど調子が良くなっていく。他の誰にもできないことができる。

ラツィオとの試合でプレーした。今日も体調が良かったから出場できるだろうと思っていたよ。決断は監督がするものだけどね。

僕は飢えていたし、今日は勝利を感じられた!我々は正しい道のりを歩んでいるよ。正しい選手たちとともに。これを続けていかなければいけないね。

いつも言っているが、僕は『オリに入れられたライオン』のようだと感じている。プレーさせてくれれば、モンスターになれるんだ。

あまりプレーしていなかった!コンテ監督はある日に到着し、『君のような人は他にいない』と言った。しかし彼は最後の15分僕をピッチに送り、違いを作ってくれと言うんだ。

僕は『さらに違いを作るから、もっと早く出してくれ』と言ったよ!これがライオンの咆哮だ」

昨季はあまり出場機会に恵まれなかったアレクシス・サンチェス。今季も450分あまりしかプレーしておらず、決してレギュラーとは言えない状況だ。

広告の後にも続きます

しかしながら徐々にピッチに出る機会は増加しており、そのために状態が上がってきているのを感じているようだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル