top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ハメス・ロドリゲス、心臓発作を起こした相手選手を「初期治療」。感謝される

Qoly

先週土曜に行われたカタール・スターズリーグのアル・ラーヤン対アル・ワクラーで、大きな事故が起こってしまった。

アル・ワクラーの元マリ代表DFウスマヌ・クリバリが、ハーフタイムの前に突然意識を失い、痙攣を起こしながらピッチに倒れてしまったのだ。

彼はその後メディカルチームの治療を受けて病院に運ばれ、命に別条がない状況まで回復することに成功している。

そして、彼がピッチに倒れたときに初期治療を行ったのが、アル・ラーヤンでプレーしているMFハメス・ロドリゲスだったそう。

ハメス・ロドリゲスはクリバリの頭の位置を動かし、適切に呼吸ができるような姿勢に調整していたという。

広告の後にも続きます

アル・ワクラーの医師ムフタル・シャーバンから、今回ハメス・ロドリゲスに感謝のメッセージが送られているとのこと。

【写真】両チームの選手から迎え入れられるアル・ワクラーのドクターたち

なお、試合はクリバリが倒れたあとに中止されており、後日再開されている。その際には治療にあたったアル・ワクラーの医師たちが両チームの選手に「ガード・オブ・オナー」で迎え入れられている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル