top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

更年期症状はなぜ訪れる? 事前にできる対策はある? 知っておけば安心! 「閉経」と「更年期」のきほん

ダ・ヴィンチNEWS

『つらくなる前に知っておきたい 閉経のきほん』(上田嘉代子/池田書店)

 年齢を重ねていく中で、女性の頭によぎりやすいのが「閉経」や「更年期」というワード。経験者から「更年期は辛かった」と聞くと、不安が膨らんでしまうこともある。

あわせて読みたい:老化を怖いと思っていませんか? 自分のことがより愛おしくなるための正しい老化のススメ

 だが、いつか訪れる“その時”に役立つ知識やできる対処法を事前に得ていたら、自分に起きる心身の変化を落ち着いて受け止められるようになるはず。『つらくなる前に知っておきたい 閉経のきほん』(上田嘉代子/池田書店)は、そんな手助けをしてくれる女性のための実用書だ。

 著者は、神楽坂レディースクリニック院長の上田嘉代子氏。東京女子医大女性生涯健康センター婦人科にて、更年期を迎えた女性の悩みに耳を傾けてきた経験がある。

 本書では、閉経と更年期の基本をイチから丁寧に解説。閉経前後に見られやすい症状やメンタル不調の解決法、生き方のヒントなどを図やイラストを用いて、分かりやすく紹介している。

なぜ更年期には体に不調が現れるの?

広告の後にも続きます

 そもそも、「閉経」とは月経が永久に停止した状態のこと。月経が来ない状態が12カ月続いた時、最後の月経時が閉経年齢とされるのだそう。

 対して、「更年期」とは女性ホルモンの分泌が急激に減り始めてから、ほぼゼロになるまでの期間。閉経前と閉経後の約5年間を足した約10年間を指すという。

 日本人の平均閉経年齢は50.54歳だが、早いと30代後半で閉経する人もいるとのこと。閉経や更年期は、いつ来るか予測できないからこそ、いざという時に冷静に対応できるよう、今のうちから“閉経のリアル”を知っておく必要があるのだ。

 私たちの体には「ホルモン」と呼ばれる、ごく微量の物質が100種類以上存在しており、女性ホルモンも、そのひとつだという。

 ホルモンは体の色々な器官で作られ、体のいたるところで細胞に働きかける。体温を保ち、生殖に関わり、成長を促し、免疫システムなどをコントロールしながら私たちの心身を守っているため、「生命のメッセンジャー」とも呼ばれている。

 女性ホルモンは卵巣が脳の視床下部から指令を受け、排卵を起こすことで分泌されるそう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル