top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

史上最高額の日本人は誰だ? サッカー選手歴代市場価値ランキング41~45位。高卒で欧州へと渡ったスピードスターに日本人史上最高額のGKとは?

フットボールチャンネル

史上最高額の日本人は誰だ? サッカー選手歴代市場価値ランキング41~45位。高卒で欧州へと渡ったスピードスターに日本人史上最高額のGKとは?

45位:高卒で欧州へと渡ったスピードスター

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で、最も高い市場価値を記録した日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した最高市場価値ランキングを紹介する。※市場価値は1月4日時点における最高額。所属クラブは当時、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

FW:宮市亮(アーセナル)
最高市場価値:300万ユーロ(約3.6億円)
更新日:2012年6月24日(当時19歳)

 100m10秒台の快足が武器の宮市亮は、中京大学附属中京高校の選手として全国高等学校サッカー選手権大会で活躍。同時期からは年代別の日本代表にも選出されており、将来有望の若手選手として注目を集めた。そうした中、宮市は高校在学中に欧州へと渡り、ケルンやアーセナル、アヤックスの練習に参加。アーセナルの当時の監督であるアーセン・ヴェンゲルが高く評価し、名門と5年契約を締結した。

 しかし、労働許可証の関係上、アーセナルでは選手登録ができず、11年冬からはオランダ の強豪フェイエノールトへとローン移籍している。当時の欧州主要リーグの日本人最年少得点記録を更新し、リーグ戦12試合で3ゴール7アシストを記録した。

広告の後にも続きます

 オランダで結果を残したことから2011/12シーズンより正式にアーセナルのトップチームに昇格した。11年9月に行われたリーグカップでアーセナルデビューを飾ったが、シーズン前半戦終了時点で公式戦2試合の出場に留まり、後半戦は同じプレミアリーグを戦うボルトンへとローン移籍。公式戦14試合で1ゴール2アシストを記録し、当時19歳ながら市場価値はシーズン終了後に300万ユーロ(約3.6億円)まで上昇した。しかし、その後は度重なる怪我に苦しみ、以後自己最高額を更新することができていない。

44位:オランダで活躍した大型FW

FW:ハーフナー・マイク(コルドバ)
最高市場価値:300万ユーロ(約3.6億円)
更新日:2014年7月22日(当時27歳)

 元サッカー選手のハーフナー・ディドを父に持つハーフナー・マイクは、2006シーズンに横浜F・マリノスのトップチームに昇格。マリノスでは結果を残せなかったが、2010シーズンに当時J2に所属していたヴァンフォーレ甲府へと完全移籍すると、31試合で20ゴールを決め、J2得点王の個人タイトルとJ1昇格の切符を勝ち取った。

 続く2011シーズンはJ1で日本人最多の17ゴールを決め、同年9月には日本代表デビューを飾った。こうした活躍が評価され、12年冬に父の祖国であるオランダのフィテッセへと完全移籍を果たしている。マイク自身もオランダ語が話せるということもあり、すぐに新天地へと適応し、2011/12シーズンは後半戦だけで5ゴール、2012/13シーズンからは2シーズン連続でリーグ戦二桁ゴールを達成した。

 14年夏、ラ・リーガへと昇格したコルドバへフリートランスファーで移籍し、2年契約を結んだ。市場価値はオランダで2シーズン連続となる二桁ゴールを記録していたことから上昇し、スペイン移籍直後の7月22日に自己最高額の300万ユーロ(約3.6億円)に到達した。

43位:日本人史上最高額のGK

GK:川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
最高市場価値:300万ユーロ(約3.6億円)
更新日:2013年6月25日(当時30歳)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル