top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

106歳のおばあちゃんが語る健康長寿の秘訣 「大好物はビッグマック」

Sirabee

少し前に106歳になったばかりのアメリカの女性が、意外な健康長寿の秘訣を明かし、世間を仰天させている。『The Sun』や『Mirror』など海外のメディアまでが報じている。


■意外な秘訣に世間は驚き

7日、アメリカ・ペンシルベニア州のサウス・フィラデルフィアに住むドロシー・ネッドさんは、106歳の誕生日を迎えた。そこで、地元のニュースメディア『FOX 29 News』が長寿の秘訣についてインタビュー。するとドロシーさんは「大好物はビッグマックよ」と明かす。

「太りやすい」「添加物が多い」といったイメージが持たれがちなファストフードが大好きだという回答は、インタビュアーや視聴者を大変驚かせた。


関連記事:天下一品の「こってり」鍋スープがウマすぎる 気になる再現度は…

■ビッグマックをペロリ

孫娘のズレマさんによると、かつては金曜日になると親族一同で教会へ行き、その後はマクドナルドへ向かうことが恒例となっていた。ドロシーさんは必ずビッグマックを注文し、ランチタイムを楽しんでいたという。

広告の後にも続きます

新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、大勢で集まることを控えるようになったなかでも、ドロシーさんは毎週日曜日には教会へ。その帰りに、必ずビッグマックをペロリと平らげているそうだ。

■「早く孫たちに会いたい」

9人のひ孫と1人の玄孫(やしゃご)に恵まれたドロシーさん。早くその子たちに会いたいと常々話しているが、ズレマさんは「このコロナ禍に大勢で集まって、超高齢のドロシーを危険にさらすわけにはいきません」と悲しそうに話す。

最後に、インタビュアーが「106歳の誕生日に欲しいものはありますか?」と尋ねると、「甘くて幸せな生活です」と答えたドロシーさん。1日でも早く、愛する家族や孫たちに囲まれ、にぎやかに暮らしたいという。


■新型コロナを二度も克服

イギリスのマージーサイドに住む超高齢女性、メアリー・ニコルソンさんも意外な食生活を明かして話題になった1人だ。これまでに二度の世界大戦と、3回の伝染病を生き抜いた。さらに107歳であるにもかかわらず、新型コロナウイルスに二度感染し、克服もした驚異の生命力を誇っている。

彼女はメディアの取材に「全脂肪の牛乳、クリームやバターといった高カロリーな乳製品が好きで、夜にはウィスキーを毎日飲んでいるんです」と話し、世間を驚かせた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル