top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヘンリー・ゴールディングが“常に命懸け”の撮影?! ベトナムでの印象的なエピソードを語る インタビュー映像が到着!ホン・カウ監督『MONSOON/モンスーン』

cinefil

ハリウッドで大活躍中のヘンリー・ゴールディングを主演に迎え、30年ぶりにサイゴン(現ホーチミ
ン)へ帰郷した主人公・キットがアイデンティティを探す旅路を圧倒的な映像美で綴った、ホン・カウ監督『MONSOON/モンスーン』を、 2022年1月14日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開いたします。

変わりゆく故郷、忘れ去った母国語、ここではないどこかへー

悩みながら今を生きる全ての人へ贈る物語。

変わり果てた街に馴染めず、どこか旅行者のような主人公・キットを演じたのは『クレイジー・リッ チ!』(18)で注目を浴び、『G.I.ジョー: 漆黑のスネークアイズ』の主演に大抜擢されハリ ウッドでも活躍中のヘンリー・ゴールディング。イギリス人の父とマレーシア人の母を持つことから、 キットの持つ複雑なアイデンティティに強い共感を抱いたという。監督・脚本は、『追憶と、踊りなが ら』(14)のホン・カウ。カウもまたキット同様に、カンボジアから逃れてベトナムに渡ったのち8歳まで 同国で過ごし、”ボート難⺠”として渡英していた過去を持つ。 キットのアイデンティティをめぐる旅は、現代ベトナムを映し出した魅力的な風景を通してより深められる。サイゴンには、大量のバイクが道路を行き交い、巨大なビルが立ち並ぶ一方、ハノイは、古い町並みを残す。前者では新世代が活躍し、後者では旧世代が昔ながらの暮らしを営んでいるが、年齢的には新世代に属するキットが心安らぐのは後者だ。そこには彼にとって、懐かしい景色がまだ息づいている。故郷にいながらも孤独を感じているキットが、過去の面影を巡る旅の中で見つけた〈自分〉とはー?

広告の後にも続きます

ヘンリー・ゴールディングが“常に命懸け”の撮影?!

ベトナムでの印象的なエピソードを語る インタビュー映像が到着

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル