top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「(映画に)もらった大事なものを誰にも”こぼさないように”早く帰りたいと思った」とツイートした大森靖子の“園監督愛”が炸裂!『エッシャー通りの赤いポスト』トークイベントを開催!

cinefil

1月12日、園子温監督が役者の卵たちと創り上げた遊び心と映画愛あふれる最新作『エッシャー通りの赤いポスト』(12月25日公開)のトークイベント開催されました。

@2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会

『エッシャー通りの赤いポスト』トークイベント

【日程】1月12日(水)
【場所】 ユーロスペース(渋谷)
【登壇者】 園子温監督、大森靖子(超歌手)
【MC】 山岡竜弘 ※本作にも出演    

園子温監督が役者の卵たちと創り上げた、遊び心と映画愛あふれる最新作『エッシャー通りの赤いポスト』 (公開中)のトークイベントが1月12日に行われ、園監督が対談を熱望した、超歌手の大森靖子をゲストに迎え、園監督とともに登壇した。

今回のトークイベントが実現したのは園監督が自ら大森に試写状を送り、大森がマスコミ試写に来場したことがきっかけ。今回のトークイベントを熱望した監督は「来ていただいて感謝しています。ファンだったので緊張している」とコメント。一方、試写で今作を観た後に自身のTwitterで「逃げるように帰りました」と投稿していた大森は改めて作品の感想を聞かれ「(映画に)もらった大事なものを誰にも”こぼさないように”早く帰りたいと思った」とツイートの真意をこの作品への愛とともに釈明してくれた。これを聞いた園監督は「すぐ帰っちゃったと思っていたけど、”こぼさないように”なるほど、さすがです。そういえば僕も素敵な映画を見たあとはこぼさないように帰ってるかも」と、大森ならではの表現に感心し、ほっとした様子だった。

広告の後にも続きます

左より【MC】 山岡竜弘、園子温監督、大森靖子

また今作の気になったシーンを聞かれた大森は「園監督の作品は全て観ていて、ファンだと明かすとネタバレになってしまうくらい監督の作品に影響を受けている(自分の)作品も多い」と衝撃の告白。今作に関しては「すべてのセリフが腑に落ちて自分の中に入ってくるのが園監督の作品の特徴だと思っていて、今作はそれが特に多くて嬉しかったです。最後の渋谷のシーンが良かったです」とコメントし”園監督愛”を炸裂させた。それを聞いた園監督が「機会があれば、大森さんのMVとかできたら」と生オファー。「ほんとですか!」と喜ぶ大森と園監督が「(警察に)捕まっちゃうくらいのことやりたいよね」と盛り上がっていたところに、MCの山岡も「僕らも出たいです!」と出演を熱望すると、園監督から「身代わりとして警察に捕まる役割な」と思わぬ役をゲットし!?一同爆笑。その後も撮影したいシチュエーションや登場する役などのアイデアが次々と飛び出した。

@2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会

@2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会

@2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル