top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岸田内閣の後手後手コロナ対策に呆れ…~森永卓郎『経済“千夜一夜”物語』

週刊実話WEB

森永卓郎 (C)週刊実話Web

岸田文雄総理は1月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、まん延防止等重点措置を沖縄、広島、山口の3県に適用(1月9日~31日)すると発表した。

【関連】岸田首相の「聞く力」で新年早々経済失速!?~森永卓郎『経済“千夜一夜”物語』 ほか

昨年11月29日にオミクロン株の水際対策として、外国人の入国禁止を打ち出した際には、国民の多くが先手の抑制策を採った岸田総理を強く支持していた。

しかし、水際対策で流入が抑えられないことは、ほぼすべての感染症の専門家が主張しており、もちろん、日本へのオミクロン株の流入を遅らせる効果はあったが、現状は専門家の予想通りになってしまった。

問題は市中感染が広がったことで、今後どう対処するのかということだ。

昨年12月9日に集団感染が発生した中国の西安では、住民が原則外出禁止となり、食品などの買い物は家庭ごとに指定された1人のみが、2日に1回の外出を認められていた。一方、米国は、ロックダウンを実施せず、国民に5億回分の検査キットを無償配布する方針を決めた。

広告の後にも続きます

感染への抑制効果は、中国方式のほうが高いが、日本での実施は難しいだろう。日本は東京や大阪などの大都市に経済機能が集中しており、大都市のロックダウンは国全体の失速につながるからだ。

しかしながら岸田政権は、大量検査で陽性者をあぶり出す米国方式を採用する気配もない。オミクロン株の陽性者が出た地域で、無料の検査を開始していくという小出しの対策に終始しているのだ。

ワクチンについても後手後手だ。イギリスでは、昨年9月から3回目のワクチン接種が始まっているのに対して、日本は2回目の接種から8カ月後の接種開始となる。一般高齢者の接種が始まるのは2月からだ。

ワクチン調達能力がとてつもなく低い政府

なぜ、そんなに遅いのかと言えば、ワクチンが確保できていないからだ。ワクチン接種の遅れで、感染第5波を招いてしまったときの反省がないのだ。

いま日本の新型コロナワクチンは、政府が一括調達して、それを地方自治体に分配する「配給方式」を採用している。まるで戦時中から終戦後のコメの配給制度と同じだ。国民は接種券という米穀通帳を持って、ワクチン接種に行っている。

ただ、ワクチン配給制度がコメの場合と異なるのは、政府の調達能力がとてつもなく低いということだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル