top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界で7人に1人が利用…10代に絶大な人気を誇る「TikTok」の特徴

幻冬舎ゴールドオンライン

令和2年通信利用動向調査(総務省)によると、インターネット利用者のうちおよそ4人に3人がSNSを使っているそうです。そこで、各SNSの特徴を知り、広告・集客の戦略を練ることが重要であると、株式会社トキ・テック代表取締役社長の土岐龍馬氏はいいます。世界で10億人超が利用しており、国内では10代に絶大な人気を誇る「TikTok」。今回は、その特徴と活用方法をみていきます。

【関連記事】「オンライン音楽イベントに2000万人が殺到」から学べること

最大3分…短い動画で拡散性に優れる「TikTok」

TikTokのメインユーザー層:10代

〈特徴〉

スマートフォン向けの動画投稿プラットフォームで、日本では2017年8月からサービスが開始された、比較的新しいSNSです。

広告の後にも続きます

10代を中心とした若者の間で急速に広がり、2019年にはアクティブユーザー数が950万人を突破しました。総務省が発表した「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書概要」によると、10代の39%がTikTokを利用しているといいます。

投稿できる動画の長さは最大3分となっており、ユーザーは気軽に動画を楽しんでいます。若者の間では、音楽に合わせて口パクする「リップシンク」や、ダンス動画を投稿するのが定番となっています。

機能面での大きな特徴は、動画の作成、加工、投稿から閲覧まで、すべてアプリ内で完結するという点です。特に、倍速やスロー撮影、フィルターによる加工などの編集作業が専門的な知識や技術がなくともでき、その手軽さが投稿者を増やしていると考えられます。

TikTokでは、アプリを立ち上げるだけで、ユーザーからのさまざまな投稿が表示されるようになっており、フォローやハッシュタグ検索などを駆使して自分で情報を探さなくても投稿動画に触れられます。ユーザーがどんな動画をよく見ているかを分析し、好みに合った動画を表示するレコメンド機能も搭載しています。

動画に対するリアクション機能も、いいね、コメント、フォロー、シェアと多彩で、気に入ったものがあれば、Twitterなどほかのアプリにも簡単に共有できるため、情報が拡散するスピードが速いです。

TikTokには広告表示機能があり、イベントの広告にも使えます。ユーザーが若者に集中しているため、イベントのターゲットが10代である場合は特に、集客につながりやすいといえます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル