top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

10分で緊急事態を解決!? 試される「責任転嫁の罠」からの脱却

幻冬舎ゴールドライフオンライン

本記事は、永嶋良一氏の書籍『心理学で職場の人間関係の罠から逃れる方法』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋、再編集したものです。

【関連記事】JALの機内で“ありがとう”という日本人はまずいない

責任放棄に怒りは頂点へ…しかしタイムリミットは迫る

そのうち、詳細設計グループの人たちや製造部隊の人たちも出勤してきて、当初予定していた白い結晶ではなく、鉄錆びの赤茶色の結晶が出たことは、すぐに全員に知れ渡りました。

試運転のときは、毎朝、8時から30分程度、関係者全員が参加する全体会議を開いていました。これは、前日までの試運転状況やその日の予定を全員が確認する目的で開かれていたものです。そして、その日も、私が対策を思いつかないまま、8時から全体会議が始まったのです。

そのとき、集まったメンバーの様子を見て、私は目を疑いました。さすがに、運転を行う製造部隊の人たちは不安な表情をうかべていましたが、このような誰もが予想しなかった緊急事態が発生したというのに、詳細設計グループの連中は、なんとニヤニヤと薄笑いを浮かべているではありませんか!

広告の後にも続きます

そして、詳細設計グループの連中は口々に私にこう言ったのです。

「さあ、永嶋さん。どうするんですか?」

「どうするのか、早く対策を決めてもらわないと困ります」

「何でも指示してください。対策を決めてくれたら、我々は言われたことは何でもしますよ。早く対策を決めてくれませんか?」

一体、何という人たちでしょうか! 昨日まで、散々私のやることに文句をつけていたのに、緊急事態が発生すると、一転して、傍観者に立場を変えてしまったのです。つまり、傍観者となることで、緊急事態から逃げ出して、この事態の責任から逃れようというわけです。

本来、試運転は詳細設計グループの責任範疇です。私は、あくまでオブザーバーにすぎません。また、装置の材質に炭素鋼を用いることを最終決定したのは、晶析装置をメーカーに発注した彼らなのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル