top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

chelmico・Rachel「人に道を聞けるようになった」“4世代のアーティスト”が大人の魅力語る

SPICE

全体写真


サッポロビール(株)が、全国の“若者の未来”を応援する無料オンラインライブイベント『the PERFECT LIVE 2022 -丸くなるな、星になれ。- by サッポロ生ビール黒ラベル』を、1月12日(水)に開催した。この配信の視聴数は 77,726 回を達成している(Youtubeアーカイブ・ABEMA生配信視聴数含む。1月13日10時現在)。

3回目の開催となる今回、本企画に賛同いただきイベントを盛り上げてくれたのは、奥田民生、フジファブリック、Awesome City Club、chelmico(敬称略)の4組。50代、40代、30代、20代と“4世代のアーティスト”が集い、若い世代にとって、今後年齢を重ねていくことが楽しみになるような、“大人の多様性”に満ち溢れたライブを繰り広げた。当イベントは視聴者の反響を受け、1月19日まで生配信と同じURLでアーカイブ配信される。

今回も、リアルとデジタルを融合させた演出として、パフォーマンス中には「年齢・時代ごとに何を考え、どんな歌を届けてきたのか」を各アーティストの過去から現在までを映像で表現。全国各地からのオンラインでの視聴ながらも、まるで同じ会場にいるような臨場感、一体感や熱気、余韻を共有するイベントとなった。

また、イベント開催にあわせて、Twitterで「各アーティストに聞いてみたいこと」や「悩みごと」を募集するキャンペーンも実施。リアルで対面する機会が減り、つながりが希薄になりがちな今、出演者と視聴者が「サッポロ生ビール黒ラベル」とともに楽しく同じ時を過ごす、特別な一夜となった。

Awesome City Club


まず、オープニング映像のあとにトップバッターとして登場したのは、映画「花束みたいな恋をした」のインスパイアソング「勿忘(わすれな)」でブレイク。昨年末のNHK紅白歌合戦にも出場したAwesome City Club。atagiとPORINによる男女ツインボーカルのハーモニーで、一曲目の「アウトサイダー」から、会場をあっという間にムーディーな空間へと変える。別れを予感をする二人が、もう一度輝く夜を過ごす事で愛を確かめる思いを、冬の季節に重ねて歌った「雪どけ」に続き披露されたのは、いまや彼らの代表曲となった「勿忘」。歌に合わせ、背景のスクリーンにリリックが登場するという特別な演出で、視聴者を魅了した。

その後、今回のイベントのMCを担当するいとうせいこうが登場。Awesome City Clubメンバーと、「20 歳のころのエピソード」について掘り下げていく。atagiは「お金はないけど時間があったからライブハウスに入り浸っていた」、PORIN は「“何かある”と思って一年間路上ライブをしていました。それがきっかけで音楽関係者と出会えた」と、今につながるエピソードを披露。一方でモリシーは「大学生だったんですが、江ノ島に行ったりフラフラしていました(笑)」と、マイペースな一面を見せる。Twitterからの「自分らしく歌うとは」という質問には、PORINが「自分が歌った曲を聴いてみて、誰よりも愛せる歌声だったら“自分らしい歌”なのでは」とアドバイスしていた。

広告の後にも続きます

chelmico


続いてライブを行ったのは、RachelとMamikoによるラップユニットchelmico。出演者の中では1、2番目に若い二人だが、メジャーデビューし、はや3年。『POWER』『Fishing』『maze』と 3 枚のアルバムをリリースし、大きな舞台を踏んできただけに、余裕たっぷりのステージを展開。最新曲「三億円」や MV が 1000万回再生を超えた「Easy Breezy」で、歯切れのよい軽快なラップを披露。ラストの曲となった「Love Is Over」では、視聴者にコール・アンド・レスポンスを求め、短時間の“パーティー”を締めくくった。“20 代代表”でもある二人は、まだ大人になって間もないこともあり、数年前は「ひたすらバイトしていた」ことを明かす。

Mamiko


Twitter からの「どうしようもなく『疲れた〜』と思ったときどうしますか」という質問には、Rachel は手に持った黒ラベルを指しながら「ビールです」と回答。すかさずMamikoも「私も!」と相乗りし、良好な関係性を垣間見せる。また「大人になって不自由になったこと」という質問については、Mamikoが「いろいろ責任感が出てきますけど、自由の方が全然勝っている」、一方でRachelは「自意識が減ってきた。人に道を聴けるようになった」と回答し、MCのいとうせいこうを大きく頷かせていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル