top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

そこで止めたらあかん!スキー場の消火栓が破裂。噴出する水が停止したリフトの乗客を直撃

カラパイア


 アメリカのノースカロライナ州にあるスキーリゾート地で、とんだアクシデントが発生した。滑走中のスキー客が消火栓に衝突し、破裂した消火栓から水が勢いよく噴射し始めたのだ。

 不幸にも、その場所がスキーリフトの真下だったことから、リフトに乗っていた客が冷水を浴びる事態となった。

 というか問題なのはスタッフがリフトを止めた位置だ。ちょうど水の噴射する場所の真上で椅子を止められた2人の乗客は大いなるダメージを受けた。




Beech Mountain Water Pipe Bursts

消火栓の破裂でスキーリフトの下から冷水が吹き上がる

 1月7日の午後5時半頃、ノースカロライナ州北西部にあるビーチマウンテン・スキーリゾートで予期せぬアクシデントが発生した。

 当時、ゲレンデでは人工降雪機が雪を製造している最中だったという。

 天候があまり良くなかったことから見通しが悪かったのか、滑っていたスキー客の1人が、誤って消火栓に衝突し、消火栓が破裂。

 それはスキーリフトの真下にあり、破裂した消火栓から勢いよく冷水が噴射された。

ちょうど水が噴き出す真上でリフトを止められた乗客の悲劇

 それだけならまだしも悲劇はここで終わらない。スキー場のスタッフはリフトを緊急停止させたのだが、その位置が悪かった。

 2人の乗客は、ちょうど水が噴射する場所の真上でリフトを止められてしまったのだ。

 映像には、激しく噴射される冷水を直に浴びながらも、なす術がない状態の乗客の姿が捉えられている。  しかし、幸いにもこの2人は軽傷で済んだようだ。

 一部メディアによると、現場にいた父子のスキー客が、「噴射された冷水の水圧によって複数のスキー客がリフトから吹き飛ばされるのを見た」と話していたことが報じられているが、大きな怪我を負った客はいなかったという。

現在は営業を再開するも調査中

 ビーチマウンテンリゾートのスタッフは、この事故について次のような声明文を出した。
当方は、問題を認識してすぐに水を止め、リフトの乗客の救助を行いました。救急救命士も駆け付け、水が直撃した2人は念のために病院へ搬送されました。

不幸な状況を除けば、全員に大きな被害もなく、現在は営業を再開しております。

事故発生については、お客様に深くお詫びいたします。引き続き、同州労働省により、事故の原因に関する調査が続行中です。
 この動画を見た人からは、「こういう事故が起こることは想定できたはずだから、消火栓をリフトの真下に設置したのは管理側の責任」「リフトが停められた状態で冷水浴びていた客は、ただただ悲惨だな…」「それにしても、このタイミングでリフトを停めるってどうなの!?」といった声が寄せられている。

 それにしても、たまたま自分が乗ったリフトが冷水が噴射する場所の真上に停められてしまった2人は人生最悪の日だったことだろう。

References:Water line break on Beech Mountain impacts skiers | wcnc.com / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル