top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

赤ちゃんへのビーガン育児を公表した母親 「通報に値する虐待」との批判に猛反論

Sirabee

ビーガン食にこだわる20代の母親が、「赤ちゃんにも動物性食品を一切与えず育てます」と宣言した。それについてビーガン派からは「立派なお母さんだ」と褒める声も上がったが、「子供の健康を害するのでは?」と心配する声はそれを上回った。

『The Sun』など海外メディアも女性の育児方針に着眼し、紹介している。


■ビーガン育児に驚きの声

TikTokにたびたび動画を公開している海外在住のビーガンの女性が、「我が子をビーガン食(完全菜食)で育てます」と自らの育児方針を断言。すると「本気か」といった質問が多数寄せられたため、その意向を改めて明かした。

子供はまだ赤ちゃんだが、女性の決断ゆえにミルクや卵などはいっさい摂取できない。「それでは成長に必要な栄養素が不足する」と考えた人たちは女性を批判し、誤った方針だと主張した。


関連記事:養豚場に無断侵入したビーガン活動家 飛び蹴りで追い払われるも同情の声は少数

■通報をほのめかす人も

広告の後にも続きます

「赤ちゃんにも動物性食品を摂取させない」という女性に多くのTikTokユーザーが驚き、「児童保護サービスへの通報に値する悪質なケース」と書き込んだ人もいた。

赤ちゃんの健康を心配する声も多くあがったため、女性は「ちゃんとお世話しているし、娘はハッピーだわ」「うちの子は元気だし問題などない」という内容の動画をアップ。しかし健康だと示す根拠がなく、反対派の理解を得ることはできなかった。

■病気を心配する声も

赤ちゃんは元気いっぱいだという女性だが、「ビーガン育児が赤ちゃんの健康に良いワケがない」という人はやはり多い。

「もし偏った食生活が原因で子供が病気になったらどうするの?」「虐待と同じこと」というコメント、また「あなたがビーガンだからといって、赤ちゃんにまで同じ食生活を強いるのはひどい」という意見もある。


■「動物性食品は不要」と断言する女性
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル