top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「努力がいつも空回り…」 がんばりを無駄にしない3つの考え方

fumumu

(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人より努力しているはずなのに、周りに認めてもらえない。がんばっているはずなのに、いつも空回りしている。そんなお悩みありませんか?

どうすれば、自分の努力を形にすることができるのでしょうか。がんばりを無駄にしない考え方を、fumumu取材班が聞いてきました。


(1)成果を急がない

「成果をすぐに求めると、自分の努力が無駄になっていると感じてしまうんじゃないでしょうか。努力した結果ゴールに近づいているとしても、成果を待てなければ『こんなに努力しているのになにも変わらない!』とガッカリしてしまうかもしれないですよね。


自分では気づいていなくても、努力を続けているなら少しずつ成長しているものだと思います。理想とは違っても、なにかしらの変化を認められたなら、自分の努力の結果と言っていいんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:たまには努力家の自分を休ませて 休息を取るための3つのヒント

(2)「苦労」を求めない

広告の後にも続きます

「努力が周りに認められないと感じている人は、苦労することが目的になっているんじゃないでしょうか。仕事であれば、わざわざ時間や体力の必要なやり方を選んだり。あえて納期を厳しくして、自分や周りを追い込んだり。


わざわざ大変な道を選んでいる人より、過程はどうであれ自分に迷惑をかけてこない人のほうが、残念ながら周りからの評価が高かったりするんですよね。


『こんなに努力しているのに認めてくれない』と悩んでいるなら、その努力がそもそも周りに求められているのか、客観的に考えてみてもいいと思いますよ」(30代・女性)

(3)小さな成功体験を

「成功のハードルが高すぎて、自分が成功していると気づいていない人も多いと思います。特に完璧主義の人は、少しのミスや想定外の出来事があるだけで、物事がすべて失敗したと決めつけることがあるから。


自分を責めるのをやめるには、まずは小さな成功体験を積んで『自分はよくやっている』と自分自身が認めてあげる必要があるんじゃないでしょうか。成功体験は、本当に些細なことでいいんですよ。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル