top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ジョーカー』ホアキン・フェニックスが次に選んだのは、マイク・ミルズ監督、A24製作の最強チームによる、最高に愛おしい物語『カモン カモン』ー日本版ビジュアル3点解禁!

cinefil

ホアキン・フェニックス主演、マイク・ミルズが監督・脚本を務めたA24製作映画『C’MON C’MON』が、邦題を『カモン カモン』として、4月より、TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開することが決定いたしました。

突然始まった甥っ子との共同生活。
戸惑いと衝突、想定外から生まれた奇跡の日々。

NYでシングルライフを送るジョニーは、子供たちへのインタビューを仕事とするラジオジャーナリスト。LAに住む妹から頼まれ、9歳の甥・ジェシーの面倒を数日間みることに。突然始まった共同生活は戸惑いの連続で・・・ぶつかりながらも歩み寄ろうとする二人の想定外の日々が愛おしさに変わるまでを描く感動のヒューマンドラマ。
監督・脚本は『人生はビギナーズ』、『20センチュリー・ウーマン』など身近にいる大切な人をテーマに描き続けるマイク・ミルズ。自身の子供をお風呂にいれている時に着想を得たと語る本作は、
フィルモグラフィの中で、一番の感動作との呼び声も高い。2021年のナショナル・ボード・オブ・レビュー賞においてインディペンデント映画トップ10に選ばれた他、タイム誌やヴァニティ・フェア誌の有力誌がこぞって年間TOP10映画に選出、オバマ元米大統領が選ぶベストムービーにも選ばれるなど、オスカーノミネートへも期待が高まる。

孤独な一匹狼から一転!『ジョーカー』のホアキン・フェニックスが
次に選んだのは、狂気のイメージを覆す心温まる感動作。

主人公ジョニーを演じたのは、演技派俳優としての地位を確立してきたホアキン・フェニックス。
『ジョーカー』の怪演でその年の映画賞を総なめにし、アカデミー賞主演男優賞を受賞した後、次なる出演作に選んだのは、狂気のイメージを180度覆すこの温かで心優しい物語だった。子供に振り回されるキャラクターを軽やかに演じており、好奇心旺盛で少し風変りな甥・ジェシーを演じる新星ウッディ・ノーマンとの掛け合いもなんとも微笑ましい。『ムーンライト』『レディ・バード』『ミッドサマー』など、数々の話題作を生み出してきた気鋭のスタジオ・A24とホアキン・フェニックス、そしてマイク・ミルズは今回が初タッグとなる。

さらに劇中には、ホアキン・フェニックス自らが聞き手となり、アメリカ各地の子供たちへにインタビューした映像も散りばめられている。「君を幸せにするものは?」「未来に希望を持ってる?」などの問いに、自分の言葉で語る子供たちを見ると、本作が監督が未来に託したラブレターなのだとわかるだろう。
”物語”へ導くための手段としての美しいモノクロームの撮影を手掛けたのは、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞ノミネートを果たしたロビー・ライアン。アメリカを代表するロックバンド「ザ・ナショナル」のメンバー、アーロン・デスナーとブライス・デスナーがサウンドトラックを担当している点も見逃せない。

© 2021 Be Funny When You Can LLC.All Rights Reserved.

広告の後にも続きます

今回解禁された日本版ビジュアルは3点。マイク・ミルズ監督が「ストーリーの大きさを伝えるために3枚用意した。クランクアップの日に、自由にふざけあって撮影したんだ。長い時間を一緒に過ごしたから、俳優同士としても、友達同士としてもとても親密になった二人の関係性がとてもよく表現されている」と語るように、3枚それぞれが物語の世界観を伝えている。
2人の心が近づいていく瞬間のビジュアルには「君の話を聞かせて」と語り掛けるコピー。子供らしく跳びはねているジェシーを見つめるジョニーの複雑な心境が伝わる「大人も子供もどっちもどっち」、そして大人も子供も「大丈夫じゃなくても、大丈夫」というメッセージが込められた3枚、いずれも二人の関係性が垣間見えるビジュアルとなっている。さらにグラフィックデザイナー出身のマイク・ミルズ監督は「日本版ポスターも最高だね!ワンダフル!何枚か送ってほしいよ!」とコメントをしている。

© 2021 Be Funny When You Can LLC.All Rights Reserved.

© 2021 Be Funny When You Can LLC.All Rights Reserved.

■マイク・ミルズ監督 コメント全文(日本版ビジュアルに関して)

「ポスターはストーリーの大きさを伝えるために3枚用意した。特写は、撮影監督のロビー・ライアンによるもの。ニューオリーンズでのクランクアップの日に撮影したんだ。僕がやりたかったのは、真っ白なバックで、とてもクラシックでシンプルなレベル、リチャード・アヴェドンの写真のようなイメージ。前の夜に打ち上げパーティーがあって、次の朝のポスター撮影は、ホアキン、ウディ、ロビー、僕だけでやったんだけど、ただ自由にふざけあって撮影した。僕がアイディアを出して、ホアキンとウディが勝手に取り入れて遊ぶ。この時までにとても長い時間一緒にいたから、ホアキンとウディは俳優同士としても、友達同士としてもとても親しくなっていて、カメラの前で一緒になる最後のひと時となったこのポスター撮影で、“さよなら”という意味合いも込めて、二人の関係性がとてもよく現れていると思う。日本版ポスターも最高だね!ワンダフル!何枚か送ってほしいよ!」

【ストーリー】
NYでラジオジャーナリストとして1人で暮らすジョニーは、妹から頼まれ、9歳の甥・ジェシーの面倒を数日間みることに。LAの妹の家で突然始まった共同生活は、戸惑いの連続
。好奇心旺盛なジェシーは、ジョニーのぎこちない兄妹関係やいまだ独身でいる理由、自分の父親の病気に関する疑問をストレートに投げかけ、ジョニーを困らせる一方で、ジョニーの仕事や録音機材に興味を示し、二人は次第に距離を縮めていく。仕事のためNYに戻ることになったジョニーは、ジェシーを連れて行くことを決めるが…

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル