top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

脱東京、リノベ業を兼業…山本陽子&渡辺梓が語る「90年代朝ドラヒロインの今」

女性自身

脱東京、リノベ業を兼業…山本陽子&渡辺梓が語る「90年代朝ドラヒロインの今」

京都の老舗漬け物店を舞台に、舅、嫁、娘3世代にわたる葛藤を描いた『京、ふたり』(’90年10月〜’91年3月)で畠田理恵(51)とWヒロインを務めた山本陽子(79)。

 

「共演者の茂山逸平くんは当時9歳で、いまや42歳で狂言方の能楽師でいらっしゃる。今でも家族ぐるみの交流があるんですけど、『お母さんボケたんじゃないの?』なんて言われてます(笑)。畠田理恵ちゃんもお人形さんみたいにかわいくてね。ドラマが終わったら羽生善治さんと結婚しちゃって驚きました。そのときも母親みたいな気持ちになりましたね」

 

山本は約30年間暮らした東京の家を離れ、10年ほど前から関東近郊で暮らしている。

広告の後にも続きます

 

「デパートも映画も見られないし、そういう不便さはありますけど、食べ物は地元のおいしいものをいただけますから、困ることはないですね。地元の食材を生かして料理もしますよ。仕事があれば東京に行きます。自分のリズムで四季を感じられる今の環境がストレスなくて合っているんです」

 

今、楽しみにしているのは長年の仲間たちとの再会だという。

 

「コロナ禍で延期していましたが来年こそは会いたいと。もともと証券会社に3年間勤めていたので、当時の同僚たちとはもう五十数年の付き合い。別番組のスタッフさんたちとは42年間、毎年旅館で集まっています。もうなんでも言える仲です(笑)。演者、スタッフかかわらず、つながっていけるのがこの仕事の醍醐味かもしれません」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル