top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

和久田麻由子VS桑子真帆“NHK女子アナツートップ”最終決戦に迫る!

週刊実話WEB

桑子真帆 (C)週刊実話Web

「たとえ、どちらか一方がフリーとなって民放へ転出したとしても、2人の関係は変わらないと思います。〝永遠のライバル〟と言っていいでしょう」(NHK関係者)

【関連】テレビ業界が未曽有の危機…吹き荒れる民放キー局「女子アナの乱」 ほか

2021年12月31日、NHKの和久田麻由子アナは、『NHK紅白歌合戦』の司会で1年を締め括った。

「19年に総合司会を務めて以来、二度目の『紅白』でした。見事な〝仕切り〟を買われたのでしょう。名実ともに〝NHKの顔〟になったと思います」(芸能プロ関係者)

確かに、このところの和久田アナは、局の重要な仕事をこなしまくっている。

「19年の『紅白』初司会を皮切りに、一昨年3月には、桑子真帆アナに代わって看板報道番組『ニュースウオッチ9』のMCに就任。コロナ禍の中で、安定感抜群の実力を示し続けています」(女子アナウオッチャー)

広告の後にも続きます

昨年7月の東京五輪で開会式、9月のパラリンピック閉会式でも中継キャスターをミスなくこなし、絶賛された。

「東京五輪・閉会式中継で言い間違いをしてしまった桑子アナとは、ますます差が広がった格好です。上層部の受けも抜群によく、今後も和久田アナがNHKの重要案件を任され続けるのではないでしょうか」(女子アナライター)

11年入局の和久田アナは、東大経済学部卒の才媛だ。

「愛称は、名前を縮めた〝わくまゆ〟。夜の銀座でも〝ナンバーワンホステス〟になると言われているほど、ビジュアル的にも完ペキ。和服もイケそうだし、まさに〝わくまゆ無双〟状態です」(同・ライター)

また、バタくささを感じさせるのは、祖父がフランスの血を引いているからだという。

「一時、局内では〝NHKの滝川クリステル〟と呼ばれていたことがありました。当人は、そう呼ばれることを、とても嫌がっていました。内心、すべてにおいて〝自分の方が上〟というプライドがあったようです」(前出のNHK関係者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル