top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

女優・烏丸せつこインタビュー“34年ぶり”主演映画『なん・なんだ』思いの丈

週刊実話WEB

女優・烏丸せつこ(66)が34年ぶりに主演した映画『なん・なんだ』(配給・太秦)が、1月15日から公開される。ベテラン男優・下元史朗との共演による、40年を経た夫婦の始まりとさよならの物語だ。

【関連】元祖グラドルに“アラ70”艶オファー続々!34年ぶり映画主演で脚光集まる ほか

――烏丸さんといえば、NHK連続テレビ小説『スカーレット』の小池アンリ役が評判となりました。

烏丸 あのとき、私の母が死にかけていたから、やりました。地元の話だったし、母のために出たんですよ。でも、スタジオドラマは流れ作業だから疲れました。

――今回はおばあちゃん役ですが、初めて?

烏丸 よくやってますよ。ちょっと前まではお母さん役でしたが、次の作品(2月4日公開の映画『夕方のおともだち』)ではオムツまでしてますから、すごい面白いよ。

広告の後にも続きます

――今回の映画『なん・なんだ』は山嵜晋平監督の、自殺しようとしていた老人を止めた体験が、ヒントになっているそうですね。

烏丸 それは初めて聞きました。この監督、プロデューサーとの板挟みになってかわいそうなんだけど、頼りないから。撮影中に私が「ここ変だけど」と言っても「考えときます」で、そのままだし。こいつはイカン、と。予告編はいい感じですけど、本編は「なん・なんだ?」って。

――烏丸さんがデビューされたときに生まれた監督なので、自分のほうからアドバイスすることも多かったのでは?

烏丸 脚本の段階で「こんなセリフあり? 気持ち悪いよ」と何度言っても、監督は「考えます」だけ。私、セリフもずいぶん変えたんですよ。元のセリフが「私の40代、返してよ!」というのを、「私の40代、なんだったのよ!」に変えたり。もっと低予算の映画にも出たことあるけど、もうちょっと志を高く持った作品を作っていこうよ。

――浮気する妻・美智子役で、メークや衣装に気を使われたと思いますが。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル