top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宇宙船による初の星間旅行、最初の搭乗者は地球最強生物クマムシが有力候補

カラパイア


 星と星を股にかけた宇宙旅行ができる可能性はうっすらとだが見え始めている。しかし生物が光速に近づいたとき、その体に何が起きるのかやってみなければわからない。

 科学者らは、それを知るためにまずは地球最強生物、クマムシを宇宙船に乗せればいいと、『Acta Astronautica』(2021年10月15日付)で提案している。

レーザーを使えば星間旅行は夢ではない

 銀河から銀河へ、星から星へと大宇宙を旅するロマンは、人類にとって未だ見果てぬ夢だ。それでもその可能性は、おぼろげながら見えてきている。

 それはワームホールを通り抜けてワープしたり、時空を歪めてハイパードライブしたりといったものではない。レーザーを使うのだ。

 重さ1グラム程度のごく小さな探査機に、地球や月からレーザーを照射する。理論上、これによって光速の2、3割まで加速させることができる。

 小型宇宙船なので生身の人間が乗ることはできないが、太陽からもっとも近い恒星「プロキシマ・ケンタウリ」に20年で到達できる。

image credit:Lantin et.

クマムシを史上初の星間旅行の宇宙飛行士に

 米カリフォルニア大学サンタバーバラ校などの研究グループは、その小型宇宙船に乗る最初の地球の生物は、クマムシや線虫が最適だと考えている。

 強烈な宇宙線にも耐えるクマムシは、仮死状態になることで実質的にすべて代謝機能を停止することができる。この力を利用すれば、遠く離れた目的地に送り届けることもできるだろう。

photo by iStock

 また、線虫はすでに宇宙旅行のベテランで、国際宇宙ステーションなどで数々の実験に参加してきたし、爆発して散ったスペースシャトル「コロンビア号」の悲劇を生き残ったことさえある。

photo by iStock

光速に近づいたときの影響を調べることができる

 だが、こうした小さな生物を宇宙船に乗せて何か意味があるのだろうか?

 大いにある。彼らを利用すれば、超々高速で宇宙空間を移動すると生物の体にどのような影響があるのか確かめられるからだ。

 「光速近くで移動したときに、地球での訓練をどの程度覚えていられるのか調べたり、代謝・生理・神経機能・生殖・加齢といったことも検査できます」と、ジョエル・ロスマン氏は説明する。

 こうした実験結果から、人体への影響を推測することもできるだろう。

 もちろん、そこには倫理的な問題がつきまとう。地球上の生物をほかの星系に送り込めば、生物汚染を引き起こす恐れがあるからだ。

 実際、地球上の生命の起源は、彗星などによって宇宙から運ばれてきたとする説(パンスペルミア説)や、高度な地球外文明が意図的に植え付けたとする説すらある。

 それを我々人類が行ってもいいものだろうか?

 しかし研究グループによれば、宇宙船の大きさを考えれば、そのようなリスクはないだろうという。仮にどこかの惑星にたどり着けたとしても、地上に到達する前に燃え尽きてしまうだろうからだ。

 また宇宙船はあくまで片道旅行なので、帰還して地球を汚染することもない。

photo by Pixabay

人類はいつしか星間移動できる日がくるのか?

 では、その先はどうだろう? 人類が直接星々を股にかけて移動する日は来るのだろうか?

 その可能性についてフィリップ・ルビン氏は、より生命力の強い生命体や、生身と機械のハイブリッド人間が作られるかもしれないと話す。

 ユーリ・ガガーリンが人類として初めて宇宙に出てから60年。宇宙開発の歴史はまだまだ始まったばかりだ。我々の子孫が大人になった頃には、今よりもっと具体的な可能性が見えているかもしれない。

 「これは世代を超えたプログラムなのです」と、ルビン氏は語っている。

References:Sending Life to the Stars | The UCSB Current / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル