top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

教育熱心な父親が5歳息子を殴殺 「勉強せずゲームに夢中で腹が立った」

Sirabee

まだ幼児期の息子に「熱心に勉強する姿勢を見せてほしかった」という1人の父親。仕事から帰宅した彼は、その願いに従わなかった息子を殺してしまった。

ある家庭で起きた悲劇的な事件の話題を、『THE HINDU』『Times Now News』などが報じている。


■5歳児に暴力を振るった父親

インド・ニューデリーの南部に位置するネブ・サライ地区で今月7日、5歳のジャン・パンディくんを殴り殺した容疑で、父親のアディティア・パンデイが逮捕された。

ジャンくんは前日となる6日午後10時過ぎ、南デリー地区のサケットにある病院に母親に付き添われ搬送されたが、すでに意識はなく、そのまま息を引き取った。


関連記事:14歳姉を殺した母親に11歳弟が報復 「許せなかった」とナイフで刺殺

■何も語りたがらない母親

広告の後にも続きます

診察した医師は、ジャンくんの手、足、首に引っ掻き跡や打撲傷があることを確認したが、母親に説明を求めても何ら答えが得られなかった。

家庭内で幼児虐待致死事件が起きたものと疑い、医師は警察に通報。駆け付けた警察官に対しても母親は固く口を閉ざしたままで、自宅にいた夫のアディティアを厳しく問い詰めたところ、犯行を自供したという。

■ゲームに興じる姿に激高

警察の取り調べのなかで、アディティア容疑者は犯行動機について「いくら言ってもジャンは勉強をしたがらない。ゲームに夢中な様子にいら立っていた」などと供述。

6日、アディティア容疑者が仕事から帰宅した際、ジャンくんが携帯電話のゲームで遊んでいる姿を見て激高し、木の棒で叩く、殴るなどしたことを本人も認めている。


■説教と体罰は別物

アディティア容疑者は牛乳の行商人だといい、日々、重い瓶を運ぶ大変な肉体労働を真面目にこなしてきた。そんな中で、わが子が将来の夢や志をしっかりと持ち、よく勉強するようにと願う親心はわからないでもない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル