top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

明石家さんま、舞台で喋りすぎて観客から直接訴え 「申し訳ないなと…」

fumumu

11日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、なにかと細かすぎる芸能人とズボラな芸能人がスタジオに大集結。

そのなかで番組MCの明石家さんまさんが、舞台でのトークの長さで観客に迷惑をかけてしまったエピソードを語りました。


■ズボラが許せない別所さんの意見で…

番組では「許せなかったズボラな人の言動」というテーマで、“神経質ゲスト”の俳優・別所哲也さんがトークを展開。ズボラな人が必ず言う「適当でいいです」「まるっとやっといて」「ざっくりでいいです」といった言葉が許せないと語ります。

続けて、舞台に出演した際には立ち位置が大事であることを訴えると、これを聞いたさんまさんは突然「ほんだら、俺にはみんな合わせてくれてはるんだ!」と、ハッとしました。


広告の後にも続きます

関連記事:マツコ、今どきのモノマネ芸に言及 「どこで笑ったらいいかわからない」

■終演時間が押した舞台

舞台上では自由に動き回っているというさんまさん。別所さんに対し「外れたところに立って『うわ!』とか言わないんだ?」と尋ねると「言わない」と即答されてしまいます。

すると、神経質側で出演したFANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹さんは「僕、昔さんまさんの舞台観に行ったことあるんですけど…」と語り出すと、いつもの終演時間より1時間も押していたことを回顧しました。

■「ノッちゃったのよ、その日」

当時、アドリブで喋りすぎるさんまさんに対して、観客は終電がないためソワソワし出したとのこと。これにさんまさんがケロリとした様子で「うん、そうや」と返したため、佐藤さんは「『そうや』じゃない…守った方がいいですよ、時間は!」と注意をします。

しかしさんまさんは「ノッちゃったのよ、その日」と反応。少し話しただけでも観客が大ウケしていたことを振り返りました。


■客からジェスチャーで訴えられる
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル