top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

もっとも暗く輝くアメリカン・ポップカルチャーの星! ロバート・クラムのWEIRDな半生記を追ったドキュメンタリー『クラム』が、再公開決定!

cinefil

「若返ってもう一度やる直すためには、精神病院で過ごすしかないかも」と自身のことを語るチャールズ。クラムの人格形成に大きな影響を与えたチャールズの自室での姿は、身に迫るものがある。 監督は、クラムとともにストリングス・バンド「チープ・スーツ・セレネーダーズ」で活動し、のちにアメリカの人気コミック作家ダニエル・クロウズ原 作の『ゴーストワールド』(2001)を撮ったテリー・ツワイゴフ。

©1994 Crumb PartnersⅠALL RIGHTS RESERVED

1995 年にはサンダンス映画祭グランプリ(ドキュメンタリー部門)、ナショナル・ボード・オブ・レビュー・ベスト・ドキュメンタリー賞、全米監督協会賞等数々の映画賞を受賞。また、アメリカの映画批評サイトであるロッテントマトでは 95%、オンラインデータベース IMDbでもスコア 8.0 と高い評価を得ている。日本では 1995 年の山形国際ドキュメンタリー映画祭での上映、1996 年の一般公開以来の劇場公開となる。是非、公開を楽しみにお待ち頂きたい。

『クラム』予告編

監督:テリー・ツワイゴフ
プロデューサー:リン・オドネル/共同プロデューサー:ニール・ハルフォン/エグゼクティブ・プロデューサー:ローレンス・ウィルキンソン、アルバート・バーガー、リアンヌ・ハルフォン/撮影:マリーズ・アルベルティ/録音:スコット・ブラインデル/編集:ヴィクタ ー・リヴィングストン/音楽:デイヴィッド・ボーディングハウス
出演:ロバート・クラム チャールズ・クラム マクソン・クラム エイリーン・コミンスキー
原題:CRUMB 1994 Crumb PartnersIALL RIGHTS RESERVED
配給:コピアポア・フィルム オープンセサミ Lesfugitives
1994 年/アメリカ/カラー/ヨーロピアン・ビスタ(1.66:1)/モノラル/120 分

2022 年 2 月 18 日(金)新宿シネマカリテほか全国順次公開!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル