top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「家族旅行中の真っ最中に地震が発生。慣れない土地で食料を探していたら、地元の作業員が…」(千葉県・30代女性)

Jタウンネット

旅先で、大雨や地震などの災害に見舞われたことがある人はいるだろうか。慣れ親しんだ地元ならともかく、不慣れな土地ではどう行動すべきか迷ってしまうかもしれない。

千葉県在住のJタウンネット読者・Tさん(30代女性)も、不運にも家族旅行中に災害に遭遇してしまった1人だ。

それは、北海道胆振東武地震が発生した2018年9月のこと。ちょうどその時、Tさん一家も北海道に旅行に行っており、滞在先のホテルで就寝中に地震が起きた。

翌朝になると、地震の影響でホテルは停電し、水すら出ないという状況に。その日乗るはずだった帰りの便の飛行機も欠航になり、Tさん一家は数日間北海道で足止めを食らうことになってしまった。

次の帰りの飛行機に乗れる日までの数日、食事や滞在場所はどうすれば……と悩むTさん一家。そんな時、彼女たちに親切にしてくれた地元の人がいたという。

電気も水も食糧もなく…

広告の後にも続きます

2018年9月、家族で北海道旅行中に胆振東部地震にあいました。

地震が起きたのは、滞在していたホテルの16階の部屋で就寝しているときでした。翌朝起きるとホテルは停電していて、水も出ませんでした。

その日の飛行機で帰る予定だったのですが、地震の影響で飛行機も欠航。空港に何度も電話してようやく翌々日の飛行機が取れました。

しかし、当時まだ4歳と2歳の幼い娘2人も一緒だったので、帰るまでの食事や滞在場所など、どうしようかものすごく悩みました。

とりあえずは残り2日分の食糧調達に行かねばと思い、階段でホテルの1階まで降りて外に出ることに。

停電中で携帯の充電ができない状態だったので、電池の消耗を抑えるためにGPSは使わず、近くで開いているお店の場所を誰かに聞こうと思いました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル