top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

江國香織が描く喪失と終焉。なぜ老人3人は一緒に、命を絶った?

BOOKウォッチ

ひとりでカラカサさしてゆく(新潮社)<amazonで購入>

 江國香織さんの小説『ひとりでカラカサさしてゆく』(新潮社)は、80代の男女3人が大晦日の夜に猟銃自殺を遂げる、というセンセーショナルな出来事から始まる。

 ただ、登場人物たちの描写が繊細で、ゾクゾクするというより、「幾つもの喪失、幾つもの終焉」に伴う切なさがジワジワくる。

 大晦日の夜、ホテルに集まった八十歳過ぎの三人の男女。彼らは酒を飲んで共に過ごした過去を懐かしみ、そして一緒に命を絶った。三人にいったい何があったのか……。
 妻でも、夫でも、子どもでも、親友でも、理解できないことはある。唐突な死をきっかけに思いがけず動き出す、残された者たちの日常を通して浮かび上がるのは――。

おなじ時代を生きてきた

 主人公は、篠田完爾(かんじ)、86歳。重森勉(つとむ)、80歳。宮下知佐子、82歳。

 3人が出会ったのは1950年代の終り。美術系の小さな出版社の編集者仲間だった。3人は気が合い、誰かが転職しても親しく、ずっと仲のいい友人同士でいる。

 「三人とも、思い出話ならいくらでもできた。おなじ時代を生きてきたのだ。気がつけば、家族とよりもながいあいだ一緒にいる。(中略)夜はまだまだながく、家に帰る必要もない。部屋は一つしか取っていないが、今夜の三人にはそれで十分なのだった」

 そう、自殺は衝動的なものではなかった。誰にも告げずに準備を整え、それを実行するために3人は集まった。

老人3人の猟銃自殺

広告の後にも続きます

 正直に言うと、1度読んだだけでは全体像を把握しきれなかった。それは登場人物が多かったからで、人物相関図を書きながら2度読みした。

 妻、夫、子、孫、恋人、友人、知人など、ザッと数えて40人ほど(わずかしか登場しない人物を含む)。よくぞここまでと思うほど、ディテールまで書き込まれている。

 3人がホテルのバーラウンジで過ごす最後の時間、彼らの死後に関係者たちがそれぞれに過ごす日常。この2つが交互に描かれ、物語は進行していく。

 「テレビをつけると、いきなり陰惨なニュース速報がテロップで流れた。都内のホテルで老人が三人、猟銃自殺したというのだ」

 年明けに報じられた衝撃の出来事は、残された者たちに多かれ少なかれ影響をもたらすこととなる。

 それにしても、なぜ3人はこのような最後を選んだのだろうか。自分だったらどうかと想像してみるが、なかなかこの決断には至らない。

 「一体どんなつながりがあれば、三人でいっしょに逝こうと思えたりするのでしょうか」――。これは完爾の孫が抱く疑問だが、読者の声そのものといえる。

そのときがきたら

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル