top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

菅田将暉の演技に酷評! 月9『ミステリと言う勿れ』に原作ファン怒り

まいじつ

菅田将暉 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

1月10日より、菅田将暉主演の月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)の放送がスタートした。しかし第1話にして、早くも原作ファンから批判の声が相次いでいる。

【関連】黒木華『ゴシップ』早くも大失敗!? 恋愛フラグに視聴者落胆「萎えた」 ほか

原作は、累計発行部数1300万部を突破している同名の大人気コミック。友だちも彼女もいない主人公・久能整(菅田)は、天然パーマにコンプレックスを持つ、カレーをこよなく愛する大学生。社会で「当たり前のこと」として流されていることに常に疑問を抱き、とことん考え抜く性格で、膨大な知識と独自の価値観による持論をあざやかに展開する。

第1話は、整がある日、身に覚えのない殺人事件の容疑をかけられるストーリー。付近の公園で寒河江健(藤枝喜輝)の遺体が発見された事件について、大隣警察署の刑事、薮鑑造(遠藤憲一)と池本優人(尾上松也)が整へ任意同行を求めた。

聴取では、薮から脅迫的な取り調べを受けるも、整はひょうひょうとした態度で応戦。刑事との会話の中で、薮こそが真犯人ではないかと推理する。薮がなぜこの犯行に至ったのか、その経緯や心情などもズバズバと指摘し、事件を見事に解決した。

原作が全然再現されていない?

広告の後にも続きます

会話劇が中心のドラマであることから、視聴者は出演者の演技力に注目。その中で、菅田の演技について

《整君にはかわいげがあるけど、菅田さんには無かった》
《ほわんとした癒し系雰囲気からの毒舌じゃないと、作品そのものが変わってしまうんだなと思った。菅田くんだと、ただの金田一とかコナンとかみたいに切れる頭をひけらかしている系の雰囲気になっちゃうんだよなあ》
《菅田整はただの嫌味なネチネチ人間に見えて、原作の整くんらしさがなかったな。相変わらずフジのドラマは原作へのリスペクトが感じられない》
《菅田くんの陽キャでイケイケドンドンなところが隠せてない感じがするね。陰キャで自己肯定感低めなんだよな整くんって》
《役になれてないんだよ。菅田将暉のまま。ほんとに上手い俳優なの?》
《菅田くんは上手い役者だけど、あのホヨホヨした空気感は出せてない》

など酷評の声が飛び交っている。

原作が大人気コミックとあって、イメージと違うと感じてしまう視聴者は多いようだ。第2話以降は、修正されていくだろうか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル