top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

民放から消えた「古舘伊知郎」力及ばず、敗戦の弁

SmartFLASH

 

 古舘伊知郎(63)は詰んだのかーー。この9月、古舘がMCを務めるバラエティ番組『モノシリーのとっておき』(フジテレビ系)が終了する。

 

「原因のひとつは、視聴率。金曜19時のゴールデン番組ながら、視聴率は5%前後で低迷していた」(フジ関係者)

 

 

『おしゃべりオジサンとヤバイ女』(テレビ東京系)も9月終了が発表されており、残るレギュラー番組はNHKのみ。民放から古舘のレギュラーが消滅するのだ。

 

 フジテレビの落胆は大きい。2016年3月に『報道ステーション』(テレビ朝日系)を降板した古舘を説得し、ゴールデン番組を託したが、局の再生を懸けた起用は空振りした。

 

「いちばんの問題は、古舘さんが報ステをやっていた期間のブランク。その間にバラエティ制作現場は大きく変わり、制作費やノウハウは激変した。古舘さんとスタッフとの間に温度差が生まれるのは必然」(キー局制作関係者)

 

 制作関係者は、“古舘天皇” との温度差から、「伝言ゲーム」が起こっていたと語る。

 

「古舘さんに関わる人が多すぎた。『モノシリー』では制作側の意図が伝言ゲームのように、歪曲して伝わっていた」

 

 その状態では、古舘のよさも裏目に出てしまう。

 

「古舘さんは、収録現場ではおもしろいコメントをしているが、話が長くてカットされてしまう」(前出・フジ関係者)

 

 さらに現場を苦しめたのは古舘への過剰な忖度。別のキー局制作関係者が明かす。 

 

「2年くらい前、2000円台の弁当を用意したら、プロデューサーがすごい剣幕で飛んできた。『こんな弁当を古舘さんに出すな!』と?責され、高価な叙々苑弁当に変更した」
 

 古舘本人はどう考えているのか。都内で声をかけた。 

 

ーーいまの心境は?

 

「もっとフジテレビに貢献したかった気持ちはあるけど……。まあしょうがないよね」

 

ーー現場との温度差を指摘する声がありますが? 

 

「番組が終わると原因を勘繰られるけど、かなり昔に言われたことじゃないかな。最近はプロデューサーじゃなく、若いディレクターと打ち合わせて意思疎通してたし、(温度差は)なかったと思ってますよ」

 

ーー民放レギュラーがなくなるが、今後の活動予定は?

 

「なんにもない。話が来れば、フジテレビだろうとどこだろうと、ぜひやりたい」

 

ーー今日はどちらへ?

 

「眼鏡を直しに来たの。もっと視界良好にしようと思って。『古舘 “視界(司会)不良” 』とか書かないでね」

 

 古舘節は健在だ。
(週刊FLASH 2018年10月2日号)

TOPICS

ランキング

ジャンル