top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「2回目より強い倦怠感と腕の痛み」医療従事者が語るワクチン3回目副反応の症状と対策

女性自身

「2回目より強い倦怠感と腕の痛み」医療従事者が語るワクチン3回目副反応の症状と対策

感染力の強いオミクロン株が日本でも猛威をふるい始めている。

 

「感染拡大を防ぐ鍵は、やはりワクチン3回目接種(ブースター接種)です。日本では2回目の接種から原則8カ月以上間隔を空けるとされてきましたが、高齢者施設などを対象に接種の前倒しが進められています。感染力がデルタ株の5倍とされるオミクロン株の流行を食い止めるには、ワクチン3回目接種をスムーズに進めることが不可欠。時間との戦いです」

 

そう語るのは、藤田医科大学病院の岩田充永副院長だ。

広告の後にも続きます

 

ワクチン3回目接種は、医療従事者を対象に、昨年の12月1日からスタート。藤田医科大学病院でもすでに2,000人以上が終えており、岩田副院長も接種済みだという。

 

3回目の接種と聞いてまず気になるのは、ワクチンの副反応についてではないだろうか。

 

厚生労働省の発表によれば、“おおむね2回目と同等”とされている3回目接種の副反応だが、症状別に見ると「接種部の痛み」「倦怠感」「筋肉痛」の発症率は2回目よりも上がっていることがわかる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル